翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

カテゴリ: 海外の反応 Planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ 

pla5-1
泣けました。
少し壊れていますの伏線もなるほどーという感じ。

ただ、1話の段階でそういうコメントされてる方もいましたが、ゆめみをもうちょっとロボット寄りにした方がテーマに合ってるかあなとは思いました。今回ロボットらしい下半身を見せたのはその辺のバランス取ったものだと思われますが。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆今期最も過小評価されてるアニメだよ。これは・・・めちゃくちゃ美しい。






◆ユメミは人間に仕えるという役割を見事に果たしたね。
 ロボット工学三原則の第一原則、人の危険を看過してはならないは、屑屋のじっとしていろという命令よりずっと重要だったんだ。
 彼女が幸せに人間に仕え人間を守る”天国”を見つけ平和にあることを祈る。
 彼女の記憶はたった128エクサバイトしかないかもしれないけど、それは感情のある生物と同様に価値のあるものだ。


>彼女の記憶はたった128ギガバイトしかないかもしれないけど

↑ 彼女のメモリーカード容量は128エクサバイトだ。
 1エクサバイトは100万ギガバイト。2013年時点でグーグルが持っていたデータ量は15エクサバイトだと見積もられている。


↑↑ ちゃんと読めてなかったよ。 訂正ありがとう。

(※最初のコメントは128GBになってたようで、指摘を受けて修正したようです)
pla5-4





◆128エクサバイトのSDカードだと・・・


↑ 少なくとも彼女はなんらかの形で復活する可能性はあるってことだよね。カードを濡らして壊さないようにして。











◆エンドクレジットの後に少しシーンがあるよ。


↑ トンネルを抜ける直前の光だな。









◆「違う、俺は星屋だ(starteller)」
 涙、涙だよ;-;
pla5-3
(※星屋はstar tellerになってました。直訳すると星を語る者です。)






◆私は少し壊れています。


↑ 違うんだ。壊れているのは世界なんだよ;_;








◆短いながらも素晴らしいシリーズだった。
 正直他の泣けるアニメよりは打たれるものがあった。
 2人以外の場所で何かが特に起こっているでもなく、サイドキャラクターもなく、変な奴を登場させて興味を惹きつけようとするのでもない。このシンプルさが力強いものにしている。







◆なんでこんなビッチのように泣いているんだろう?


↑ 俺は泣いてないよ。ただの雨だ。俺がロボットのために泣くわけないだろಥ_ಥ






◆ファンタスティックなアニメだった。完全にはまった。楽勝でここまで見た中でのAOTY(anime of the year)だ。映画も楽しみだ。






◆ユメミが話すのに長い間をとらなくちゃいけなくなったあたりからきつかった。
 そして雨が涙になって・・・・ くそ、ちょっと泣いてくる寝てくる。
pla5-2






◆演劇と似てるというのを聞いたことがあるけど(少ないキャスト、限定された場所、会話にフォーカス)、実際演劇にしたらどんな感じになるだろうと考えてしまった。蟹ロボットとの戦闘はちょっと難しそうだね。一方で、投影シーンは良い感じになりそうだ(ユメミ役の俳優がうまくやればね)、観客は基本的に屑屋の男と同じ場所から見ることになるから。







◆VN既読者だけど、本当にすばらしいアニメ化だったと思う。
 





(ポーランド・男性)
◆10点満点中10点。完璧なアニメ化。エンディングソングも美しい。







(フロリダ・男性)
◆VNで結末は知ってたけどそれでも心打たれた。






(ドイツ・男性)
◆とてもとても悲しいよ。涙を流さずにはいられなかった。”星屋だ”クソ。
 素晴らしいKEYの小作品だった。






(男性)
◆シンプルな短編の良い最終回だった。
 すべての希望を失ったシニカルな人間が、すごく楽観的なロボットに出会い、彼の人生の見方が変わっていく。ビジュアルノベルのアニメ化は大体上手く行かないけど、とてもよくできていた。もっとよくできたとも思ったけど。






(ウクライナ・女性)
◆悲しい、でも希望のあるラストだった。それにそれぞれのキャラクターの気持ちにもすごく共感できる。
 私は子供の頃から天文学が好きで、でもみんなにこの分野は役に立たないなんて言われて私もそれを信じてた。今は意見を変えたわ。生まれた時から星が好きだから。
 私も星屋。






(パキスタン・男性)
◆美しい悲劇だった。それでも最後は少し希望残してたね。






(カナダ・男性)
◆めちゃくちゃ泣いた







(男性)
pla5-1

◆「どうして壊れてしまったのでしょう?」

 ユメミ。それはね人間が愚かで、些細な理由で憎しみあい殺しあったからだよ。
美しいシリーズだった。人類がどのように終わり、 人間に仕えるために作られた”完璧な存在”がこの状況でどう行動するかということが、彼女の視点から描かれる。
 それでも、どれだけ荒涼とした中にも希望あるということも示されたね。
 少しだけケチをつけるとするとメインキャラクターの変化が少し早すぎるというところかな。僕の趣味の問題だけど。あとユメミがあのロボットに殺されるところが少し早かったかな。
 映画が楽しみだ。

pla4-6


途中で1話みたいなマシーンに襲われたらどうするつもりだったんだろう(ゆめみはロボットだから攻撃されないのかもしれませんが)とか気になりましたが、
ゆめみの願いの所は理由はわからないけど何かぐっとくるものがありました。

今回コレといったコメントがあまり無かったので短めで。

------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆少なくとも原作では、屑屋はあの蟹ロボットについて詳しく知っていた。
  彼はあれを吹っ飛ばすベストな方法として弾薬保管ハッチを狙ったんだけどその辺の説明が無かったね。


↑ その辺はうまくやってたと思うけどな。カメラがズームしたときそこがロボットの弱点だったし、彼はそこを狙ってたからね。
pla4-4






◆まだ見てる途中なんだけど、くそ、彼女には停止してほしくないよ。
 彼はなにか電源を探して、街を離れて、ロボット嫁と結婚して、かわいいサイボーグの子供でも持てばいいじゃないか。

 追記:あのクリフハンガーは犯罪的


↑ > 彼はなにか電源を探して、街を離れて、ロボット嫁と結婚して、

 まさに彼が最後の方で計画してたことだな・・・









◆面白いギャグになりそうじゃなかった?
 彼女がボトルを持ち上げたとき爆発して、壊れたボトルを持った血まみれの彼女がそこに立ってたりとか。少し壊れてるどころじゃなくなっててさ。
 (エンディングは考えうる限り最悪のシナリオを考えて待つことにする)
pla4-1








◆ユメミが転ぶのをちゃんとやってくれてよかった。原作でも好きだったんだよね。








◆Oh,god メインキャラが彼女を連れ帰って幸せにしたいと望んでる。これは悪いサインだ。
 どちらかがどちらかの腕の中で死ぬという予感が外れてくれるといいけど。そんなことが起こる準備はできてないし。
 良い終わり方にしてくれ。少なくとも甘苦い(bitter sweet)感じで頼む。







◆このエスコートミッション、、、NPCはしゃべるのをやめようとしない







◆彼女はずっとお客様と言ってるけど、なぜ彼の名前を聞かないんだろう?


↑ たぶんお客の名前を聞くようなプログラムになってないんだろう。


↑ その方がかわいいからさ。







◆彼女のコンメンタリーで星を見せて回るというのはクールなアイデアだと思うな。最後はそういう感じのが見たい。悪いルートにはいかないでくれ。
pla4-3








◆すでに鬱だわ






◆あと1話か。心臓が耐えられるか自信ない。






◆ただ純粋に涙がでてくる。彼女がツアーガイドとして振る舞ってたり、花束を大事にしたり、見た目より大変なはずの移動だったり、神様への願いだったり、彼が彼女を生きさせようとするだけでなく投影もさせる方法を考えたり。
 涙をあふれさせながらこの書き込みをしてるよ。
pla4-5

pla3-4

先週見て、ユメミの残り時間に投影が間に合うかどうかという話なのかと思ってたら違いました。

「人はすべての問題を解決し・・・」という強烈な皮肉に男が特に反応を示さないのも良かったです。


※ポケモンGOのため更新は8月になります

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆このアニメは美しい。ストーリーについては何か言いたいことがあるかもしれないけど、音楽をともなった映像が美しいものにしている。
 
 このかわいいロボットの電力が切れてしまうという事態に心の準備ができてないんだが。



↑ ストーリーにも問題ないけどな。このアニメは、何をしているかをわかっているし、完璧にこなしていると思う。
 これは戦争後の壊れた世界についてのアニメでなく(そこで起こっていることではあるけど)、ロマンスのないラブストーリーなんだ。失うものはなく生きることに必死な無骨な男と周囲の綻びた状況に気づかないロボットの間のね。

今期NO1を競う作品だと思うよ。


↑ 彼女が光ったとき彼女が投影のために自分の電力を使ったんじゃないかと思って悲しくなったよ。








◆音楽が完璧だった、完璧。それにホシノの星や人間の発明等についての解説も。素晴らしい。
pla3-7








◆ユメミが見た目より自我を持っているということを示した。”壊れている”ことを認めてメインキャラを安全に”エスコート”することを望んだからね。外の世界を見たいということなのか。
 来週のためにティッシュをトラック一杯注文しないといけないな。


↑ 彼女に自我があるというところまでは正しいと思う。でも、外の世界をみたいというのはちょっと違うかな。
 彼女がエスコートしたいと言ったのは、

・男が生きて帰れるように(i might suvive the trip back)祈ってくれと言ったこと。
・彼女が帰り道に危険があるか聞いたこと
・彼女が男の帰り道にトラブルがあると思ったこと
・彼の車がエスコートできる範囲内にあること

が前提だろう。


 彼女の同僚達は”旅行(trip)”に出たままで、彼らは帰ってこない。
 彼女は男に同じようになってほしくないんだ(神話や伝記を知っている彼女なら人間の寿命も知っているだろうから)。
(※日本語セリフでは男は「旅行」とは言ってないと思いますが、字幕ではtirpを使ってるのでこういう解釈になっているようです)







◆魅了されたよ。David Productionはすごく上手くアニメ化してるね。


↑ その一方で、Funimationが字幕で台無しにしてるけどな。最後の字幕間違ってるよ。
 彼女は「いいえ、少し壊れています」("No, I'm just a little broken.")と言ったんだよ。それでもプロか?
pla3-1


(※字幕では"Yes, I'm just a little broken."になってます。これ以後、いやyesで良い、という人と議論になってました。たしかにyesの方で良い理由もあるとは思うんですが、個人的にはやっぱりNoの方が良いと思います。その方が深いですし。)
 






◆「くじら」はなんかめちゃくちゃ大きくて、緑で、足があったぞ。クラーケン(Kraken)に該当する日本語はないのかな?
pla3-6


↑ それはファニメーションやアニメのせいではないな。
 ケートス(Cetus ※くじら座およびその元になった神話のくじら)は海の怪物だけど、”くじら”として知られている。そして、くじらではない化け物として描かれることが多いんだ。
pla3-5

(※他の所にも、あれはクラーケンなんじゃない?というコメント見かけたのですが、クラーケンを調べもこのギリシャ神話との関連は見られなかったのでこの人の勘違いと思われます)







◆VNを読んだ者として、この投影のアニメ化をすごく楽しみにしてたんだけど、WOW 素晴らしいアニメ化だ。
 VNを読んでいる間も涙が出たんだけど、アニメでも少し泣いてしまった。散りばめられた視覚効果とフラッシュバックは本当に響くものがあった。

 今はエンディングをどうアニメ化するのか楽しみ・・・








◆この投影シーンがあるから今回を楽しみにしてたんだけど、期待以上だったね。特に電源供給がとまった後の投影。キャラ展開の重要な場面として全部アニメ化したのも良かったし、音楽もVNと同様素晴らしかった。
pla3-3








◆投影に科学者たちからの秘密のメッセージが込められたりしてるんじゃないかと少し予想してたんだけど、違って愛らしい話だった。
 好きなシーンはユメミの目がアップになってレンズの焦点が音を立ててたところ。彼女に命を吹き込んでいた。たとえ彼女は泣くことができないとしてもね。
pla3-2







◆涙が少しあふれてきた。素晴らしい。









◆このアニメは本当にエンターテイメントだ。ほとんど何も起こらないというのに。







◆20分があっという間だった。二人の声優だけそれもほとんどユメミが話しているだけだというのに。
 2人のキャラクターが話してるだけなのに全く退屈しないなんて変だ。










◆Dear Key
 ニンジャに玉ねぎ切るのやめてって言ってくれ。
 よろしく。


↑ その忍者はまだウォームアップしてるだけだろ。


↑ 彼は俺がこのコメント書いてる間にもナイフを研いでるよ。



pla2-3

涙の話とか若干露骨というか唐突な感じもしますが、良い雰囲気だと思います。


----------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆嫁(waifus)は電気羊の夢をみるか。







◆2回目のスリープモードで残り稼働時間が75時間から60時間になったぞ、くそ。


↑ あと4日か。







◆涙を流したがったり、天国へ行きたがったりする、残された時間の少ないロボット。
 俺の目が乾く暇がないな。


↑ 前回のディテイルや会話、フラッシュバックをもう一度見ておくことをお勧めするよ。







◆今回もファンタスティックな回だった。あっという間に今期のお気に入りだ。
 







◆メインキャラのユメミへの敵意が少なくなってきたな。
 最初は全く期待できなかったけど、プロジェクターを直そうとさえしてる。
 彼がガードを下げ、笑顔まで見せて、ユメミの価値を認め始めている。









◆守りたいこの笑顔
pla2-1



↑ あの屑屋(Junker)も守りたいと思ったんだろうな!







◆修理する代わりに彼らが話をしてるのをみると、ユメミの時間が無くなってしまうじゃないかって心配になる(まあ数日残ってるけど)。







◆彼女は他のアニメに出てくるロボットと違って、本当にロボットぽいと思わない?


↑ 彼女の上映プログラムに対する固執、外の状況を理解していないこと(それとも現実に直面したくないのか)とかね。それでも、彼女の発言には泣いてみたいとかいうものもあるけど。


↑↑ そうだね。彼女は人間以上に人間だと思うよ。



↑ 彼女はアシモフの作品内のロボットみたいだ。







◆良いエピソードだった。ロボットと人間の関係の作品って好きなんだ。



↑ いくつかの作品だと「人間を、、、人間を破滅せよ」とかだけどね。







◆なんで13分しかないんだ?それでたった5話しかないのか!?








◆このアニメに興味をもったら、VNをお勧めする。たしかたった9ユーロだったはず。








◆ロボットが天国の存在を信じるかだって?興味深いトピックだな。
 伝統的には”魂(soul)は天国へ行ける。すると進化したAIは魂をもつかということになる。
 いくつかの点で彼女はすごくロボットだけど、ユメミはすごくかわいくもなれる。プロジェクターが直ったと聞いたときの笑顔はとてもキュート。









◆彼女はとてもイノセントだな。key、彼女を殺さないで・・・








◆俺は”あ涙がでそう”って時の感覚が嫌いなんだよ。








◆彼女がなんども質問していることについて、とても優しい、人間的なものを感じるんだ。聞かずにはいられない子供みたいな。
 彼女が我慢強く誰かが来るのを待っていることとか、彼女が電球を持ってる仕草とかが琴線に触れてくる。自分は結末を知っているんだけど。
 興味があったら、"Lucy The eternity she wished for"が似た感じかな。
pla2-2


↑ 同じだ。自分の場合は、特に彼女の笑顔かな。彼女はかわいすぎる。





9月には劇場版が公開されるそうなんですが、それ見ないと完結しないというのはやめてほしいんですがどうなんでしょうか。
原作があって(Visual Novelと言われてました)それを見ている人のコメントが結構多かったですが、ネタバレしてそうなので読み飛ばして訳してません。


----------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)



◆ぐす、、ティッシュを確保しとかなきゃいけないな

pla1-1








◆長い年月が経っても少なくともユメミはキュートだXD









◆すごく面白かった。
 世界崩壊後における人間のエモーションについての作品は大好きだ。
 ロボット/AIの話というのも魅力を加えてた。
 特に素晴らしい所の1つは、ユメミがロボットにしてはすごくずうずうしい(blatantly)ところだと思う。
 今回、メインキャラがきっかけをつくると、彼女は同じ会話パターンとセリフを特に変化もつけず繰り返してた。
 もう1つ目についたのは、メインキャラに名前がないこと。しかし、ロボットには名前がある。
 名前というのは、徐々に感情移入するために重要なもので、その辺がどう表現されるのか凄く見たい。

 とにかくすごく印象的な1話だった。今後どうなるのか楽しみだ。


↑ 彼女は ”少し壊れてる”んだよ。







◆まったく情報なしでみたけど、面白いと思った。
 世界観の構築が短い時間でうまくされてたね。
 小さなつっこみどころとしては、都合のいい記憶喪失と記憶喚起が彼のフラッシュバックにあったことぐらいかな。








◆何を驚くべきか?彼女のプリンターインクが30年間乾いてなくて、クーポンを印刷できたってことさ。
pla1-2







◆今のところテンポと雰囲気はいいね。映画も楽しみだ。






◆彼が戻ろうとしたとき、鼓動が高鳴ったよ
 KEY、俺を泣かしてくれ。やっちゃってくれ。人間を感じさせてくれ。

pla1-3






◆かわいそうなユメミ。彼女は自分がどんな悲惨な状況に置かれているか理解していない。






◆ロボットがウザいんだけど、だんだんかわいいと思い始めたのは俺だけ?






◆これはユニークな作品だね、世界崩壊後のカスタマーサービスロボットを題材にしたという点で ( ͡° ͜ʖ ͡°)







◆とてもとても悲しい終わり方になりそう、、、だよね?







◆彼女の声がすごくうざい、、でも聞けば聞くほど泣きたくなるんだ・・・
 誰もプラネタリウムを見る者はいない・・・、彼女は目的を失くしてしまった・・・ 彼女は良い仕事がしたいだけなのに・・D:




 

↑このページのトップヘ