翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

カテゴリ: 海外の反応 六花の勇者 



(1話から見ずにここにたどり着いてしまった人は1話から見ることをお勧めします。
 またネタバレを食らわないように注意してください。)



面白かったです。
フレミーかわいい。

細かい感想等をまた別の記事にでも書きたいと思います。

redditのコメント数は12話が一番伸びてました。
今回you tubeのlive reaction動画が特に面白いのでおすすめです。


コメントで教えていただきましたが、今期が原作1巻までで、今後もいろいろミステリーがあるらしいのでネタバレには注意してください。
続編がアニメ化されないなら原作読んでみたいです。



---------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆「どうして7人いるんですか?」
 冗談だろ?


・もし2期が見れるなら、すごい興奮する。
 最後の7話に似た展開がみられるんだろうからね。
 ああいう心理戦(mind game)が凄く楽しいんだ。


・もっとすごい心理戦があるよ。巻を重ねるごとに良くなっている。


・>もっとすごい心理戦があるよ。
2期が欲しいんじゃない(don't want)、2期が必要だ(need)。


・心理戦が面白いというだけじゃなくて、誰が7人目かという議論をみんなでするのが面白かったよ。






◆振り出しに戻る(back to square one)。


・彼ら全員偽物で、本当の6人は気付かないうちに既に魔人に負けてただと面白いのに。






◆OK,今度こそアドレットだよ。
 アドレットはナッシェタニアの国で強いことを証明しただろ?
 そしてナッシェタニアが凶魔に報告してマインドコントロールか何かで勇者にしたてたんだよ。
 





◆アドレットとハンスの友情が素晴らしい。






◆もし2期があるなら、彼らはずっと誰が7人目かを探すことになるのか。


・それがいい。


・牛女(cow girl)が7人目だといいな。彼女のデザインがあまり好きじゃないから。








◆嫁には注意しよう。


・現時点でどれだけの奴らがナッシェタニアについてるかわからない。
 でも初期の頃と比べると彼女から何かが剥がれ落ちたのは確かだよね。
 フレミーの方がいい。
 正直一番好きなナッシェタニアのシーンがこれだ。


・バニーフェチなんだよ


・でも暴かれるまではものすごくかわいかったよね。


・アドレットへの攻撃や、暴露の後でさえ、まだ信じることができなかったよ。
 ナッシェタニアは最初にアドレットにあって友達になった人物だからね。
 彼女がどれだけアドレットを信頼していたかということは信じたかった。
 まあそれだけ良くできた組立てだったということだね。


 ・真実はいつも残酷だ。







◆すべてのナッシェタニアファンへ。

「残念だったわね。お気に入りのナッシェタニアが7人目で」


・みんなナッシェタニアがベストガールと思ってただって?


 ・俺は思ってたよ。フレミーが現れるまではね。


 ・1話の彼女の登場には惹きつけられたよ。







◆アドレットは典型的少年漫画のようにずっと他のメンバーと友人、仲間になろうとしてたから、
最後バニーガールを説得して味方に引き入れ(win over)ようとすると思ったかもしれない。
でも「くそ、みんな、彼女を殺せ」。


・アドレットの背景を考えるとね・・・


・まあ彼はそれを考えていたかもしれないけど、ウサギ姫が早々に降参して彼女の計画を話してしまったからね。


・50万人の命が彼女にとってなんでもないなんて言うから。






◆この絵は今ゴルドフがどんな気持ちかをパーフェクトに表してると思う。









◆フレミーが赤くなった


・最初は冷たかったけど、最後はアドレットに対してツンデレ(tsundere)になったのが好き。


・ガンデレ(gundere)だな



◆フレミーが焼きもちを焼いてるXD





◆良い最終回だった。
 明かされた事実とそれに対する反応がクールだった。
 素晴らしいアニメだった。






◆ナッシェタニアが7人目だったことには驚かなかったな。ここ数話で明らかだったから。
 でも50万人の犠牲が大丈夫なんて狂ってるよ。
 かわいそうなゴルドフ。ナッシェタニアは彼のことを気にかけてさえいないと思う。





◆ホラー映画のようだ。決して終わらない。
 新たな7人目?やっとお互いを信頼して仲良く(chummy)なれたと思ったのに。
 もしアドレットが7人目だとすると、驚くほど入念な( elaborate )計画を実行したことになるな。
 




◆まだ疑問が残っている。7人目はだれだ?




(1話から見ずにここにたどり着いてしまった人は1話から見ることをお勧めします。
 またネタバレを食らわないように注意してください。)
(この記事は、12話の記事の後に訳したものですが、放送順に合わせるため公開日時をずらしています。)


「地上最強の男」の回数数えている人がいたのには驚きました。


----------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


●科学の力がまた危機を救った。






・Yeah! Science bitch! (Yeah!  サイエンス ビッチ!)

(※ネットミームの1つで、元ネタはテレビドラマシリーズのBreaking Bad。
  新しい発見や科学知識の応用に対する感心、称賛をユーモラスに言う時に使われる。
  元ネタの方ではおよそ科学とは無縁そうな兄ちゃんが、さすが科学だみたいなセリフをいってるので、”細かいところはわかんねえけど、科学すげえな!”って感じでしょうか。具体的な理論・技術ではなく科学というかなり大ざっぱなところでまとめてしまうところに面白さの1つがあると推測。)









・科学>魔法
 今期はテーマが循環しているようだ
 (※Gate 自衛隊 彼の地で斯く戦えりのリンクがされてました)










●アドレットとハンスがすぐ親友(BFF)になって、お互いの戦いをフォローしてたのが良かった。







●モーラが今いちばん怪しいな。
 でもまだ他の奴の可能性もある。
 フレミーとゴルドフの服が似てると思ってたから、2人が戦ったところはナイスだった。









●霧がなぜ現れたかという説明がすごく良かったよ。とても賢い(clever)。







●視聴者が知りえないことを(偽の結界とか共犯者とか)に基づきすぎてる気がするなあ。
 全部がうまくフィットしているとは思うけどミステリーという点では少しがっかりだ。



・そうでもないよ。ヒントはあった。太陽の聖者が行方不明、暑い地域、神殿付近の寒さなど。
 欠けてたのは霧が現れる科学的メカニズムだ。
 作者は、視聴者・読者がアドレットがよく天気の話をすることに気づけば、霧の発生についても思い至るには十分な情報が与えられたと考えたんじゃないかな。



 

●アドレット、頭いい





●バニー姫をやっちまえ。
 モーラは最初は好きだったのに、彼女のやったことといえば、怒ってアドレットを殺せということだけ。
 地上最強の男は自分が無実だと証明したな。Sランクの幸運の持ち主だ。
 そして、7人目は・・・来週判明か。







●ハハ、まあ終わり方はこうするだろうね。
 少なくとも霧の疑問は説明されて、太陽の聖者がどう関わったのかもわかった。

 






● このテーブル、自由に使っていいよ。

┬─┬ ┬─┬ ┬─┬ ┬─┬



・(╯°□°)╯︵ ┻━┻ (╯°□°)╯︵ ┻━┻ (╯°□°)╯︵ ┻━┻ (╯°□°)╯︵ ┻━┻
もっとくれ。

(※最後のクリフハンガーに対する反応です)








●来週は、今週の場面の繰り返しやこれまでのまとめ等がなく、アドレットがすぐ「ゴルドフ」ということろから始まってほしい。流れはこんな感じ。
「ゴルドフ・・・」
「ちょっとそこをどいてくれ。皆には話す必要があるな。ナッシェタニア・・・」
「が一番誰が7人目かということに興味があるだろう。ハンス(hans)」
「疑問の余地がながないな(hands down)、まったく」
という感じで20分。

(※よくあるコントみたいな感じの流れ)









●フレミーがなんでもないように縛ってたロープから抜けるのが良かった。



 ・それとモーラからライフルを取り返すのもね。







●来週のアドレットはこうなるだろう。

「よし教えよう。」
「わからない」








●アドレット×フレミーの準備ができたぞ。


・今期一番のカップルだな。








●「地上最強の男」カウント

Episode No.OriginalBastardizationsBy Other CharactersSummationNotes
0154211
0244
0344
045117
053249Counting strongest moron in the world by Hans as a bastardization
066118
0722Counting one during the recap, not counting Flamie's one of the world's strongest when referring to Chamot
08
0911
1022
11415
Total359953
Mean3.[18]0.[81]0.[81]4.[81]


 

(※セリフの「地上最強の男」を数えてまとめた表。
  orijinal :アドレット本人による地上最強の男
  Bastardizations:類似表現のことだと思われますが基準が不明
     by Others Characters:他の人物によるもの
  summation:合計
  note:注釈
  5話注釈:地上最アホな男(日本語セリフ未確認)というハンスのセリフはBastardizationsとしてカウント
  7話注釈:要約部分もカウント、地上最強はチャモというフレミーのセリフはカウントしていない)
  




●このアニメは、今期の最も大きな驚きだ。
 典型的なパーティー組んで敵を倒しに行こうという奴に見えたのに、ミステリープロットで顔を引っ叩かれたよ。
 すごく満足している。








●7話で太陽の聖者のことを予測してた奴いるんだな。
 

 ・天才かよ(それかバカな原作既読者だな)。


 ・早い段階で太陽の聖者については何回か言及されてるね。今思えばヒントだったんだろう。
  彼女の役割は全然わからなかったけど。






●このエピソードのフレミーが良かった。声のトーンがこれまでアドレットと話してるときとは変わってたよね。






●「7人目は・・・」
 「7人目は・・・」
 くそ。


 ・アドレットは7人目が誰かを暴くことができたのかもしれないけど、彼がどれだけ凄いかということを話すのに5分必要だった。
(※最後の「薄氷の勝利だ・・」のあたりのこと)


 ・うん、彼は凄いよ。











rokka6-2
(1話から見ずにここにたどり着いてしまった人は1話から見ることをお勧めします。
 またネタバレを食らわないように注意してください。)


先週の急展開に引き続きコメントが伸びてました。

かなり細かい考察から、各キャラの紋章の向きから推測しようとするものまでいろいろ。
全然画像が貼られてなくて、長文の考察が多かったです。

そろそろネタバレも怖いし、訳が難しいタイプの感想が多いので、最終回までは翻訳しないかもしれません。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

●ポイントとして、アドレットはほとんどの者から疑われてる。チャモとハンスはアドレットをすぐにでも殺す準備ができてる。うさぎ姫だけがアドレットを疑っていない。ハンスは暗殺者の技術をみせた。
いたちごっこ(cat and mouse game)になってきたような。
アドレットの過去を見れたのもよかったね。あまり愉快なものじゃなかったけど・・




●面白かった。5分ぐらいに感じたよ。
 あっという間にみんながアドレットに攻撃をしかけたのは少し驚いたけど。






●アドレットは墓穴を掘ったみたいになったな。あの時点でのベストの選択肢だとは思ったけど。
ゴルドフはアドレットが7人目だとは確信してないみたいだけど、嫉妬からアドレットを攻撃したように見えた。








●興味深いバックストーリーだったね。アドレットの師匠の話がもっと見たい。








●OPのシーン、勇者が凶魔と戦うシーンから勇者同士が戦うシーンに変わってるね。


 ・最初はがっこうぐらし、次にこれ、あと必要なのは下ネタが実はメカアニメでしたってことだな。


 ・この変更はすごく気に入ってる。ストーリーの進展を正しく伝えようとするアニメスタジオ側の努力だよね。
  スタジオはそれをしなくちゃいけないってわけじゃないのに、そのもう一頑張り(go the extra mile)が素晴らしい。





●次回は「二人の理由」(the reason of the two)。アドレットとフレミーが語り明かし、2人とも半裸で、寒い夜、キャンプファイアを囲んで・・


 ・お前の願望を上げるな。同人誌を待て。

rokka6-1





●彼女があの性格にもかかわらず、アドレットを治療してほったらかさなかったのが嬉しい。
 知られざる8人目の理論は興味深いね。

 ・8人目の理論ってよくわかってないんだけどどういうこと?

  ・基本的には、結界を作動させた者と7人目の勇者が同じでなくてもいいということ。





●フレミーが7人目なわけない。なぜなら彼女がベストガールだから。

 ・これほど強固な理由づけはない。






●OPにでてくる紋章をみると、1つを除いて(all but one)全部時計回りなんだよね。だから反時計回りなのが偽物だよ。

 ・それは新説だな。

 ・チャモかモーラが怪しいと思ってたんだけど、OPをよく見ると・・・・の紋章が反時計回りに見えるな。よく見つけた。







●彼らはアドレットに門を開けさせようとした凶魔については話さないの?

 ・あの凶魔は女神の修道女と同じ服装をしていたから、服装的にモーラがあやしいと思ってるんだよね。
  それとあの凶魔がどうしてアドレットと他の者を分離させる方法を知っていたのかも気になる。なぜ彼なのか?なぜアドレットが鍵がなくても門を開けられることを知っていたのか?
 それに結界の作動のさせ方を知るために通過しなければならなあの場所を通過したことを我々が知っているのはナッシェタニアとゴルドフとだけだ。(間違ってるかもしれないけど)
 頭がこんがらがるよ。

 ・モーラは以前に要塞のカギを手に入れてたんじゃなかったっけ?





●ここの議論が活発で楽しいよ。






アニメ ブログランキングへ



(1話から見ずにここにたどり着いてしまった人は1話から見ることをお勧めします。
 またネタバレを食らわないように注意してください。)


こういうミステリーもの!?推理もの!?になるとは全く予想してなかったので、結界の意味や起動の方法あたりは全然マジメに見てませんでした。

なので、誰が偽物かと聞かれると正直情報が足りないのですが、意外性などのメタ視点で考えるとある程度絞られる気もします。
どこまで本格推理ものなのかわからないので今後いろいろでてくるのかもしれませんが。

個人的にはチャモの強さが見てみたいです。

今回、ミステリー展開に対する驚き、だれが偽物かということで盛り上がり、redditのコメントは六花の勇者スレッドの中で一番伸びてました。
詳しく考察してる部分は長いものが多いので省略。

------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆緊張感があったね。全編にわたってダンガンロンパをやっているような感覚だった。
フレミーがまさか半分凶魔だったとは。それが彼女のキャラクターをより興味深いものにしている(intriguing)。
 ハンスがお気に入りだな。面白くて、ロジカルで、少し怖くて、猫みたいにしゃべる理由も面白い。









◆モーラは信用できないな。彼女が7人目だと思う。


↑ 自分もそう思ったけど、ハンスの言ってるっことからするとどうなんだろう。


↑↑ モーラの能力はわかってないよね? すごい能力なのかもしれない。


↑ ハンスがかなり疑わしいと思うけどな。








◆チャモだったらいいのに。彼女(she)は傲慢でうざいから。子ども嫌いなんだよね。
 追記:このコメントが上の方のコメントになってるってことは、みんなも同じこと思ってたってことか。

(※少年かと思ってましたが、調べると確かに少女になってました)
(※redditは読者の評価順で表示されるのがデフォルト)







◆新しいOP気に入ったよ。


↑ まさか5話でOP変わるとは思わなかった。


↑ 自分は初めての経験だった。普通は新しいシーズンの始まりとか特別編で変わるものだから。


↑↑ たとえば物語シリーズはユニークなOPの変え方をしてるよ。


↑ EDはすでに変わってるけどね。






◆魔王と戦う冒険ファンタジーだと思ってたのに、ミステリーになるなんて。もっとくれ。








◆ほんと素晴らしいエピソードだった。本当に本当に楽しんだよ。登場人物も全員好きだ。








◆この監督は才能があるな。1話の牢の中の会話シーンからずっとビビッドに作られてる。








◆密室!。まさかミステリー要素が入ってくるとは思わなかった。








◆アドレットが嘘つきだったら面白いな。ハンスが嘘を言っている可能性の方がまだ高いとは思うけど。
 でもドアが一度開くと閉じない設計になってるのは理解できない。


↑ 我々はアドレットの行動を第三者視点でみてるわけだから、アドレットが言っていることは事実だと思うよ。
 まあ彼が言ってた修行の話とかは本当かどうかはわからないけど。何より我々は彼に紋章が出てきたところを見てるからね。


↑ アドレット視点を信用できるとは限らないけどね。アドレットが嘘はついていないとしても。

 ↑ みんな忘れてるみたいだけど、7人目と、結界を作動させた人物が同じである必要はないよね。

↑このページのトップヘ