翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

カテゴリ: 海外の反応 食戟のソーマ



------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆彼の魚に対するリアクションが笑える。他の2人と全然違う。
 soma8-7

 ボックスの中を凝視するするソーマが凄く面白かった。
soma8-1


↑ 試験が始まったけど全然わからないときの顔だな






◆アリスの母親の喋り方面白いな。
 すばらしい2人のコンボがあった。
soma8-2





◆彼女の外人(gaijin)アクセントよかった。自分にも聞き分けられたよ。








◆ユキヒラは刀の戦いに木の棒(wood stick)を持ってきた感じだ
 来週が待ちきれない。







◆ソーマの父親が3人目の審査員だと予想したんだけど。


↑ もしそうだったら素晴らしいだろうな。






◆Oh my god。このエピソードのニクミがすごく可愛い。
soma8-3







◆食戟のソーマは少女料理アニメだ。
soma8-4


↑ エリナが読んでいる少女漫画の1つに違いない。






◆すぐ食戟になるというのではなくて、こういう試行錯誤を経るという話の方が好きだな。






◆酒ガール(sake girl)がベスト
soma8-6







◆自分も買い物に行くとこんな感じだ
soma8-5







◆この決勝戦ソーマが不利だと考えているのは自分だけかな。
 というのは先週テーマが発表された時、サンマは香りの強い魚であると言われていたけどそれはハヤマの得意分野で、シーフードであるという事はリョウの得意分野ということだ。庶民の料理とも言われたけどそれがソーマの得意分野ってことになるのか?
 誤解しないで欲しいけど彼がこれまで庶民の料理を素晴らしい料理にしてきたことは知っている。でもそれが決勝の助けになると言うのはおかしいだろ。
 そういうわけでソーマが優勝しないんじゃないかと思っている。

↑ ソーマはプロットアーマー(plot armor ※主人公補正)を持っている。それ以上のアドバンテッジが必要なのか?


↑ まあそんなことはどうでもいいじゃないか。あのサカキのシーンについて考えよう。






◆アリスの母が実食するのが楽しみだ。







◆ソーマを信じよう。彼はユキヒーランドに連れてってくれるさ。







◆決勝で誰が勝つのかは気にしてないけど、ソーマの料理が1番ユニークだ。







◆まだウマミ(umami)って何なのかよくわからない。肉とかに含まれている"美味しさ"(savory)であるのはわかってるけど、結局よくわかってない。
 「お、イッシキ先輩。服着てると誰だかわかりづらいわね」lol

↑ ウマミは味の5つの基本要素の1つだ。

酸味(さんみ)sanmi = sour

甘味(かんみ)kanmi = sweet

塩味(えんみ)enmi = salty

苦味(にがみ)nigami = bitter

旨味(うまみ)umami = 英語には正確な訳語が存在しなくて、そのまま”umami”とされている。”savory”というのもよく見かけるね。
味覚細胞は化学反応として5つの味を区別するんだけど(レセプターが分かれてる)、食べ物の中のグルタミン酸を5番目の味、ウマミとして認識するんだ。






◆今回のMVPはサカキだ。理由は明白( ͡° ͜ʖ ͡°)

soma8-5


合宿の開始。
シノミヤ等の卒業生、アルディーニ兄弟の登場。


「発想と創造の協奏曲」

(あらすじ)
遠月学園高等部、最初の地獄と言われる「宿泊研修」。この合宿では連日何十人もの生徒が強制送還・退学となり、生徒数が半分以下まで減るという噂もある。研修場所は、「遠月リゾート」が経営する豪華ホテル。創真たちはそれぞれの想いを胸に、生き残りをかけた地獄の合宿へ!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆整髪料君(hair product-kun)がかわいそう。
soma8-2


↑ 集団の中の9列目からにおいが届くってどんだけ使ってるんだよ。


↑↑ それはシノミヤを甘く見すぎだな。


↑ プロットアーマー(plot armor)に守られていないとそうなる。









◆このアニメがどっちの性別(gender)にもリベラルなファンサービスをしてるのが好き。








◆今回ユキヒラが料理しなかったのは残念だけど、ライバルが現れたのは良いな。同じ現場を知っているということでいい競争相手になりそう。相変わらず素晴らしいエピソードで、文句と言えば早く終わってまた1週間待たなければならないこととぐらいだ。
soma8-4









◆カモの男がアリア歌ってて吹いた。
 どうやってこんなの思いつくんだろう?


↑ カモがパバロッティだったな。笑うを止められなかった。

soma8-12









◆不安そうなメグミが好き
 来週ソーマは何を作るんだろう?
soma8-8









◆メグミはかわいすぎて心臓に悪い。





↑ メグミの存在は貴重だ。ハグしてあげたくなる。






◆自分だけかもしれないけど、主人公が誰かとロマンティックな関係になってほしくないんだ。変かな?


↑ いや。それはたぶん彼が鈍いバカで、そういう関係になるのが想像できないだけじゃないかな。


↑ これは料理のアニメで女の子のアニメじゃないからね(まあ”絵的”には女の子のフーガズムがでてくるけど)。







◆木の上にいるのは誰だ?
soma8-9









◆ガオガオ
 関連して、クマが建物内に入ったようだ。
soma8-10
soma8-11

(※しばらなく何のことかわからなかったんですが、ユリ熊嵐でした)


↑ 彼はグラトニーだな。


↑ ベストガールの魅力には誰も抗えない。






◆彼らのイタリア語の発音はひどすぎるってほどではない。少なくとも料理アニメ一部としては良いと思うよ。







◆メグミかわいい
soma8-6







◆ファンサービスの減少は良いね。でも来週のソーマの料理の判定にはフーガズムが来るんだろうな。
 あの金髪が負かされるの早く見たい。







◆宿題があるっていうのに、見るのやめられないよ・・・・


↑ わかるぜ兄弟


↑ 自分は12歳で今日までの宿題があるんだけど、このアニメ見るのがやめられない。


↑ まったく同じだ。





◆”学校”がここまで何も教えていないことに気付かずにはいられない。







◆ここまで、アメリカ、フランス、イタリアが出てきた。次はどこだ?ドイツ?







◆ライバルの存在は人生のスパイスだ。




soma7-1



「静かなる丼、雄弁な丼」

あらすじ
水戸郁魅VS幸平創真の「食戟」開戦!えりなを含め会場の誰もが、ミートマスターこと郁魅の勝利を確信していた。一方の創真は、登場しただけでブーイングの嵐……。「食戟」のテーマは丼、メイン食材は肉。果たして創真は丼研を守ることができるのか!?



過去のドン研vs立ち食いそば研の食戟を見てみたい気もします。
soma7-5

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆丼研に入りもしないなんて><
soma7-7






◆ヘッドフォンありがとう。これがないとポルノを見てるんじゃないかと両親が見に来るだろうからね。


↑ 良い料理を作るとき、彼の相手はいつも女子だ。なぜなんだろう。









◆「特売やっててラッキーだったわ~」と言いながらの笑顔と観衆のリアクションが面白すぎる。
soma7-10





◆主人公の性格が好きだ。


↑ 彼はいつも陽気(cheerful)だよね。





◆これは料理時の正しい服装には見えないけど。でも批判はしないよ。
 ユキヒラが勝つってわかってるけど、試合を見るのは興奮する。
soma7-14

↑ ジーンズのショートパンツが今にも脱げそうだ。






◆このアニメは本当にファンタスティックだな。
 彼の丼は彼女の幼少期のトラウマまで癒してしまうなんて。
soma7-8


↑ この一人称視点!!





◆このアニメは少年漫画のバトルを料理でやっている。大好きだ。








◆コニシがドンの称号を与え続けようとしてるのが笑える。
soma7-12








◆食べ物だけでフーガズムになり、さらに子供の頃のトラウマを呼び起こす。
 このアニメが終わるころには食べ物が意識を持ち世界を支配してるな。







◆このアニメはベストガールがたくさんいるな。


↑ メグミが真のベストガールだけどな。








◆このアニメは人生の教訓を教えてくれる。
 3ドルのステーキでも上手くすれば最高級の肉にも勝てるというようにね。









◆四月は君の肉(Your meat in April)
soma7-9








◆わかった。彼女はツンデレタイプなんだな...( ͡° ͜ʖ ͡°)
soma7-13







soma6-2


丼研のリーゼントを包帯で止めるのと、肉が飲めるっていうのが新しい!?

万札を意味する「諭吉」は「ベンジャミン」になってました。ベンジャミン・フランクリンは100ドル札の人です。

あまり訳してませんが下ネタが増えてきた気がします。まあ作品的に当然と言えば当然。


「肉の侵略者」

あらすじ
学園内の料理研究会に興味を持った創真は、恵を連れて「丼物研究会」へ見学に行く。出迎えたのは意気消沈した主将・小西ただ1人。丼研はもうじき、えりなの手で潰される運命にあると言う。丼研を潰すのが惜しいと感じた創真は、小西に代わって初めての「食戟」に挑む!!


-------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆彼女を見ただけで、なぜみんながミートマスター呼んでるのかわかるよXD






◆このアニメを胃が空っぽの状態で見るのは良くないね。今すごく腹減ってる;;


↑ いま23時。ゴマ、塩、コショウ、ピーナッツやらをかけた(with a powder-like mixture of sesame, salt, pepper and peanuts.)おにぎりを3つ掴んでるよ。
 これでこのアニメを見てる間は大丈夫だと思ってたけど、間違ってた。もっと欲しくなった。
 このアニメは夜食の習慣にとても悪いね。


↑ ベジタリアンでなかったことに感謝するよ。このアニメは飢えさせてくれる。







◆この怖いソーマのショット好きだ。いろんな漫画の場面が思い浮かぶ。
soma6-3






◆メインキャラと戦おうというのがまずそもそもの間違いだよ。







◆イッシキの尻がいい。








◆ここまでで一番食欲が刺激されるエピソードだった。


↑ ほんとに。日本食はあまり好きじゃないんだけど、今回のは1つを除いて全部食べたくなった。





◆このキャベツのクオリティ
soma6-5


参考
http://imgur.com/a/2Bt2C

(※アニメにおけるキャベツの作画はよく比較されてネタにされます。)






◆今回一番好きなセリフ
 「そんなすごいお肉を超えるなんて本当にできるの?」
("Can you really beat meat like that?")
( ͡° ͜ʖ ͡°)
(※字幕の方の英語だと、肉を叩けるの?とも読めるため、そういう意味で好きという感じ)

soma6-6





◆EDのヒサコ(エリナの秘書)
soma6-7


↑ ヒサコ好きだ。もっと登場してほしい。





◆最後の料理の時に流れ始めた音楽が良いな。盛り上がる。
 でもなんでお金のない彼に7品も作らせるようなことをするんだ。




◆ニクミのニクミ


 めぐみかわいい
soma6-1





◆彼女の発音クールだったね。アメリカ人が流暢に日本語を話しているようだったよ。







◆いいエピソードだった。なんでこんなに短いんだ?
 食戟でどっちが勝つかは疑いの余地がないんだけど、どうやって勝つのか見たい!
 





soma5-3

2期が決定したようですね(遅ればせながら)。
2期開始までに少しでも進めたいとは思ってますがどうなるかはわかりません。


あらすじ
「氷の女王と春の嵐」
極星寮に住む唯一の2年生・一色慧。彼は遠月十傑の1人だった。十傑入りを目指し、創真はさっそく料理勝負を挑むが、そこで初めて遠月学園伝統の料理対決「食戟」のルールを知る。一方その頃、えりなは自分専用の調理棟の建設のためちゃんこ鍋研究会の主将と「食戟」を繰り広げていた……。


redditコメント数 446
myanimelistコメント数 160

myanimelist

5 72.64
4  21.17
3  4.56
2  0.98
1  0.65

(2016.2.7現在)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆ メグミが目覚めてソーマとほとんど裸のイッシキが握手しているのを見たときのリアクションがアメイジング。


↑ メグミかわいい


↑↑ 寮の女の子3人みんな好きだな。とてもかわいい。だれか1人を選ぶなんてできないよ。
 でもメグミがほんの少しだけリードしてるかな。アヒルのシーンがあったから。


↑↑ とりあえずEDに限ると、寮のみんなを愛さずにはいられない。







◆エリナの服のボタンは戦略的に配置されているとしか思えない。




↑ 戦略的。たしかに。



↑↑ hahaha もうそれにしか見えなくなってしまったじゃないか。


↑ ずっと痛いんだろうなと思わざるをえない。服がぴっちりだ。


↑↑ だから彼女はいつもツンツンしてるんだろう。


↑ 原作漫画の作画は(元)エロ漫画家だからね。すべては戦略的に配置されてるのさ。








◆EDのソウマの尻が毎回変わってるんだけど。何が起こってるんだ。ほとんど毎週色が変わってる。
 (
リンク


↑ Hmmmm 俺に男の尻を6回も見せたな


↑↑ 画像は5枚しかないけど。


↑ 予測すると、最終回でソウマが尻のシチューを作ることを示しているんだと思う。










◆このシーン笑った。











◆素敵なフーガズム












◆少しだけフーガズムがトーンダウンしたような気がするな。良い事なのか悪い事なのかわからないけど:|


↑ フーガズムは、エロ(ecchi)、コメディ、芸術性の3つを兼ね備えている。他の描写より多くの要素を含んでいるんだ。


↑ 良い事だと思うな。









◆くそビューティフルだった。
 コメディからファンサービス(あの裸エプロンも)まで、そしてもちろん料理も。
 今週は魚料理か。魚は好きじゃないんだけど、料理の仕方もあって美味そうにみえるな。
 
 ソーマとイッシキの化学反応が好きだなlol 楽しい瞬間を作り出す。
 
 ポニーテイルのエリナがかわいい。彼女はいつも威圧する存在感があるけど、彼女の料理技術は尊敬する。
 ビーチと相撲のギミックが好き。
soma5-1








(アメリカ・男性)
◆このアニメにちょっとシニカルになってたところだけど、また驚かせてくれた。
 素晴らしいエピソードだ。







(ドイツ・男性)
◆このエピソードのフーガズムはパーフェクト。Wow
 食戟のルールも説明されたね。
 エリナのぶれないビッチぷり。
 最後の女はだれだ?:o
soma5-2








(アメリカ・男性)
◆ラビオリが美味しそうだった。
soma5-4
 相撲の人も料理を楽しんだようだ。
soma5-5
 来週は俺のお気に入りの女の子が見れそうだ。






◆楽しいエピソード。いつもどおりフーガズム。
 リョウコがホットだ:L あの寝ている姿。
 イッシキの裸エプロンと、尻をみたメグミのリアクションlol
 カバがでてくるエリナの”フードインプレッション(food impression)”XD
 十傑のシルエットが出てきた:o







◆エリナはあの建物について考えを変えるんじゃないかな。
 イブサキの料理に興味あるな。彼は2番目に好きなキャラだ。1番はソーマ。





◆イブサキは十傑の1人なんじゃないかな、すごくミステリアスだし。
soma5-6


(アルゼンチン・男性)
↑ 自分もそう思った。TOP5ぐらいにはいるんじゃないかな!
 ここまでこのアニメすごく好きだ。このまま続いてくれるといいけど。






◆どんなふうに食べ物に”春”を感じるんだろう?
 秋とか他の季節との違いは?






(カナダ・男性)
◆いつも良いエピソードだった。
 エリナが、ボスる(boss)ために料理の技術を使うのは好きじゃないな、明らかに彼女の趣味に合わせて学校が変わっていってるし。
 イッシキ以外の10傑が良い奴だと良いけど。
 イッシキといえば、彼は実家についての彼の質問に答えてないよね。彼はまだミステリアスだ。







(イタリア・男性)
◆この絵だけで想像してみ。








◆何人かのキャラクターについてはまだよくわからないままだね。早く続きがみたい。
 そして今すごく腹が減ってる。







(ブラジル・男性)
◆展開のスピードを楽しんでる。プロットは良くできてるし、キャラクターも立ってる。
 素晴らしいファンサービスもあるしね。続きが楽しみだ。







◆お気に入りの女の子がたくさんでてきた。


↑ これがいい。



↑ 同じだ。ジビエ(game food)はベスト。だからジビエガール(game food girl)がベスト。






◆うまくまとまってたな。
 前回からの続き。イッシキ先輩が素晴らしい。全力ではなかったみたいだけど、それでもソーマに感銘を与えた。
 エリナは完璧主義者だ。改善を続けているなら彼女は受け入れるんだろうけど、停滞(stagnant)しているようなら殺しにかかる。
 相撲部は過去の先輩達の栄光を彼らの不十分さの穴埋めに使ってきた、それがエリナが彼らを排除した理由だな。

↑このページのトップヘ