翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

2017年01月



さすがに岐阜についてのコメントはなかったです。

まだコメントがあまりない状況だったので、今後増えたら追加します。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆萌えを通して学ぶ歴史
20170129122740







◆あの語りの後、結局デブ領主を殺さなかったのか。
20170129122639
20170129122708









◆チドリがカジュアルに人を斬ってるのが好き。
20170129122553







◆待て、チドリは何歳設定なんだ?







◆伊賀の頭領はエロい(pervert)?つまり彼の言ってることはある意味悪い事というか・・・・
20170129122732









◆給料も一人分と言われたときの美濃三人衆の反応XD
20170129122534







◆ノブナガが京都へ向かう。
 すると、北陸とか安土城が次にくるのかな?
20170129122754








◆侵攻開始!
 ノブナガがいつもより怖かったな。なんてキックだ。
20170129122645

20170129122701







(ドイツ・男性)
◆チドリの誕生日が見れたらいいんだけど。
 彼女の主人は変態だった。







◆デブ領主は敗れたがまだ生きてる。
 
 チドリのスピーチ:'(
20170129122622








(パキスタン・男性)
◆いいエピソードだったね。
 チドリが少しシリアスに見えた。








(アメリカ・男性)
◆たしかに本気を出すのが遅すぎXD

 チドリのおじいちゃん、え? 興味深い・・・・

20170129122713






(オーストラリア・男性)
◆チドリはもっと若いのかと思ってた。








--------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

第81話

◆で、これは”ん!?”(”HNGG!?”)って発音するのか。
 
20170120190917


 音響のせいで彼がスタンド持ってるように見える。
saiki81-1


 次回はクボヤスが活躍するだろう。







◆カイドウがパンチを見逃してるところは、手法として、そこで何が起こってるかについてうまくミスリードを誘ってるのか、バイオレンス描写をうまく避けてるのか。
20170120190830


 ”女の子みたいな着替え方”のところはよくわからなかったな、女の子の着替えシーンでああいうのは見たことないし、そんな事してる子を見たことないし。
20170120191024


 カイドウ中心の話なのに、ジャッジメントナイト♫がないなんて信じられないよ:(



↑ ”女の子みたいな着替え方”は、男子の中で着替える女子のパロディだよ、女子の中で着替える女子じゃなくて。君も男子に裸を見られたくないだろ。


↑↑ 男子の中で着替える女子を見たことがないというのはほぼ間違いないね。






◆カイドウは隠された力を持っているってことか!
20170120190917







◆こいつらに同情するわ・・・
20170120191154


↑ サイキも”戦える”ことを知ったら、カイドウは発狂するんじゃないかな。





◆名前は思い出せないけど、これはアニメでよく見るな、不良生徒と突然の雨の中に捨てられた犬。
20170120191124





◆なぜかよくわからないけど、このエピソードすごく好き<3








第82話



◆カイドウは萌え(moe)
20170120191650







◆「全身の毛穴から血を吹き出す呪いをかけといたから」
 サイキはあっというまにダークになるな。
20170120191517


↑ 理屈としては、あの男は財布を取ったわけじゃないから呪われてないとは思うんだけどね。おそろしいlol

 
 





◆カイドウは繰り返して友人のために自分を犠牲にしてるな。彼はアホな中二病(chuuni)だけど、やるときはやる男だ!






◆ジャッジメントナイトオブ!
20170120191355



 クボヤスが恐ろしい不良として、良い一日してくれた。
saiki82-1






◆最初のカイドウの妄想LOL!XD







◆カイドウの妄想中のサイキはカイドウを下の名前で呼んでた、かわいい。







◆初めのところのサイキの表情が衝撃だった・・・ 感情が顔にあらわれててさ!
 でももちろんそれはカイドウの想像だったlol
20170120191312






◆弱いけど、カイドウは真のヒーローだ。







◆前回からクボヤスが現れて助けるっていうのは予想できたけど、それでも本当に面白かった!
 エンディングシーンも好きだ:D
20170120191709



---------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆Hey、彼女がとうとう役に立ったぞ(help)!
20170124203826


↑ たまには使えるんだな。




◆働き者の猿
20170124203635



 女の子らしい忍者が全軍の中で一番のファイター。見くびっちゃいけない!
20170124203703



 ランクがあがった猿。ネネは誇りに思うだろう!
20170124203741


 美濃三人衆が使えないリーダーから離反。やってしまえ!
20170124203830






↑ ベストなのは、彼女がやったのは明らかなんだが、敵が自分自身の刀で刺されてやられてるってところだな・・・・











◆寝返るのに、敵側にかわいい女の子がいるっていうのは最高の理由だな。
 簡単に部隊を倒してしまえるかわいい子については言うまでもなく。









◆また素晴らしいエピソードだった。
 猿がうまくやって、出世したのはうれしいよ。
 そしてチドリは相変わらず最高にかわいい殺人マシーンだ。
20170124203659








◆このアニメには終わってほしくないよ。









◆ベストパートは、チドリが仕事の最中イノセントに振り返るところだな。








◆ヒデヨシが難局を乗り越え(pull through)、援軍(reinforcements )がやってきた。
 出世と美濃3の離反。
20170124203719










(ベルギー・男性)
◆このエピソード好きだ、笑わされた :d










(アメリカ・男性)
◆うん、キチョウのかわいさで良い一日になったと言わざるを得ない!XD








(テキサス・男性)
◆ヒデヨシは妻の料理で腹を壊し、ノブナガは落とし穴に落ち、美濃三人衆はキチョウの可愛さで寝返った(まあ俺もそうするだろう)。
 
20170124203844
20170124203731









(カナダ)
◆RIP オールバック(pompadour ※リーゼントと訳した方がいいかもしれません)

 ノブナガは口の代わりに髭で話す事に誇りを持っている。
20170124203714









◆このエピソード好きだ。ずっと笑ってた。








(ポルトガル・男性)
◆「おなごに何ができる!」
 「壊滅とか」
 「すんませんでした」

 trololol このアニメ好きだ。
20170124203705







(フランス・男性)
◆チドリが敵を壊滅XD。ヒデヨシが出世、いつも通り楽しかった。






------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


第14話


◆新しいOP いいね!
 それにしてもネネはいつも素晴らしい:D
20170105191040





◆かわいいOPはどこいった? 新しいのもまあいいけど。







◆新しいOPについてはまだ何とも言えないけど、チドリがかわいく敵を殺戮していくのをなくさなかったのはうれしい。
 でも待てよ、ヒデヨシが忍法一夜城の術を使わなかったということは、実際どうやったんだ?
20170105190854

20170105191155


↑ たぶん来週わかるよ。







◆次回、ヒデヨシが大量のレゴを注文








◆RIP ヒデヨシ。君のことを知れて良かったよ。
20170105191159







◆ 待て
 ヒデヨシって寝返った奴じゃなかったっけ?
 俺の将軍2(※ゲームか何か?)の記憶はぼやけてんだけど(blurry)。


↑ それはアケチ ”敵は本能寺にあり” ミツヒデ(Akechi "The Enemy Is At Honnou-ji" Mitsuhide)のことを言ってるのかな。彼は歴史的裏切り者の一人だけど。


↑ ヒデヨシはずっと信長への忠誠を貫いてるよ。信長の死後、国をコントロールしたぐらいだし。

(※このあたりのやりとりはネタバレとしてカーソル合わせないと見ない仕様でなされてました)







(アメリカ・男性)
◆ヒデヨシの城がキチョウの城より良くなるとは思えないな!XD
20170105191139








(シカゴ・男性)
◆キチョウが常に参加できる状態みたいになってるのが好きだ。
20170105191106






(パキスタン・男性)
◆新しいOP好きだよ。そしてノブナガの妻は恐ろしい・・・・Lol
20170105190933




◆ついに、ヒデヨシが動くXD






◆猿(saru)の有名な一夜城だ。




◆ヒデヨシが夫としてうだつがあがらず、戦場で怪我もしない(その代わり、道に迷って野犬に襲われたり、トシイエの槍で怪我したりしたところは笑った)、出世もしてないことがわかった。ネネがマツとトシイエに嫉妬するところがベスト。
 そしてヒデヨシは敵の領地に城を築かなければならなくなった。失敗すればノブナガに撃たれる。ヒデヨシの計画は最高にバカだったけど好きだ。


 20170105191013
20170105191031
20170105191018





◆ノブナガはアニメの最後には死ぬのかなあ。







◆面白かった。ヒデヨシが一晩で城を作るのを引き受けたのは、奇跡のような忍者の術があると思ってたからだった!!!!XD







(フロリダ・女性)
◆真面目な話、このアニメが歴史を学ばせてくれるのが楽しい。他のアニメのエピソードと比較して見れるし。楽しめる:)






第15話

◆このショートアニメを見るのは楽しいね。実際どういう結末になるのかは知っているんだけど、どう描くのかを見るのが面白い。







◆凄くシンプルな絵なのに、キャラクターの細かいところまで良く表現されてると思うのは自分だけ?







◆毎週待つのはすごく長いのに、数分で終わってしまうT^T






◆公平に言って、あれはセクシーな髪型だ。
20170111183816



 今回だけは、なんか賢い事言った。
shinobi15-1

 


 ヒデヨシの覚醒期間は短かった。
shinobi15-2
「気合?」



 10年の苦しい日々。この女の怒りはとどまることを知らない(know no bounds)
20170111184005




↑ >気合

 少なくとも友情の力よりはマシだな。









◆このアニメ好きだ。とてもかわいい。









◆Hmm  交渉?
 コロクは不良っぽい波動を感じたな。性格と外見から。
20170111183821








(アメリカ・男性)
◆ヒデヨシのナイスなアイデアが!
 ノブナガにプレッシャーXD
20170111183947







◆ヒデヨシが優秀さを示し始めたぞ。
20170111183901
20170111183909






◆ヒデヨシは進化したのか?XD
 キチョウはずっと数えてたのかlol
 





◆明日で3681日 lol





◆ノブナガでさえしつこい妻にはかなわない。
20170111184008








◆ノブナガの嫁とチドリちゃんは間違いなくこのアニメのベストキャラだなXD
20170111183744



冬アニメの主なものについて、redditのコメント数をまとめてみました。

※あくまでredditのコメント数であり、他のサイトでは傾向が異なることは多々あります。
 単純に人気を表したものではないことにご注意ください。
 順番は適当です。


2017winter1

 海外でも人気の高かった、「このすば」、「リトルウィッチアカデミア」の続編が伸びてます。
 私はまだ全然見れてないですが、最初の5分ぐらいはチェックしてみようと思って結局全部見てしまったのが「亜人ちゃんは語りたい」だけです、今のところ。

 年度末というか今年は忙しくあまり翻訳できそうにありませんが、合間をみてやっていくつもりです。

 そういえば、最近AIの発達によりグーグル翻訳のレベルが格段に上がっているのに気が付きました(話は聞いていたのですが自分で試してはいなかったところ、人が試したのを見る機会があったので)。海外の反応を知りたいけど翻訳しているサイトがない等の場合、グーグルの翻訳がおすすめです。
 ただ訳すだけのサイトの役割はもうすぐ終わりそうとか思ったり。

↑このページのトップヘ