翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

2016年05月


boku9-2


ヴィラン登場


------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆今回でイイダを好きな人が増えたら嬉しい。彼は強い正義感を持った誠実な人間だ。
boku9-1

 

↑ イイダはファンタスティックなキャラクターだ。彼はお気に入りの1人だよ。


↑ 最初はあまり気にならないキャラだったけど、だんだん好きになってきた。かわいい奴だよね。







◆ひっつくテープを飛ばす奴、イヤフォンの奴、強いしっぽがある奴とか出てきたところに、ブラックホールをつくる奴が登場。”個性”の世界は全然フェアじゃないな。
boku9-3


↑ 人は生まれながら平等ではない - デク


↑ でもワンピースとかハンターハンターもそんな感じだろ。能力の強さじゃなくてどう使うかが問題なんだよ。ゴムの体って聞いただけじゃそんなにすごそうじゃないだろ?








◆子供たちの掛け合いがこのアニメの一番好きなところだ。本当によく出来てる。


↑ それな。最初の方のデクとバクゴウだけのときはその辺気にしてなかったんだけど、ウララカやイイダやツユ(なんでかわからないけどカエルの子すごい好き)が出てきて、そのあたりをすごく楽しんでるよ。彼らの日常を見てるだけで満足だ。
boku9-4








◆ウララカがデクに投票したのがすごくかわいい。彼女は本当にベストな嫁だ。
boku9-6







◆このシーン、ちっさい奴はあそこが〇起してんじゃないか?
boku9-5


↑ モモはそれに気づいたXD


↑ OMG lol







◆65人のサイドキックだって???なんでそんなに必要なんだ??


↑ たぶん役割分担かな。たとえば違う場所で違う事故が同時に発生したような場合、たくさんのサイドキックが必要なんだろう。







◆ヴィランの登場シーンはかっこよかったな。この後の展開がアニメ化されるのが楽しみだ。
 漫画だとカエルっ子が好きなんだけど、アニメのウララカの声がすごく良くて追い上げてきた。



↑ あんなリーダーがいるんならヴィラン達には手助け(need a hand)不要なんだろうな。
 

↑↑ ベストジョークだ。間違いない(HANDs down)。


↑ 来週の戦いは手に負えなく(get out of hand)なりそうだな。


↑ 彼らがこの状況にうまく対処できるか(HANDle)わからない。

(※他にもハンドネタが続いてました)







◆My Cliffhanger(クリフハンガー) Academia


前回のグラフに5月26日現在の数値を足したグラフです。


(あくまでredditのコメント数であり、他のサイトでは傾向が異なることは多々あります。
 単純に人気を表したものではないことにご注意ください。
 最近はyoutubeレビュワーのコメント欄の方がコメント多かったりして、コメント場所も多様化してきてると思います。)

2016spring0526

(凡例の順序は適当です。特に下の方)


引き続きre:ゼロがトップです。
他は安定か、下降気味。
カバネリ6話は持ち直して面白かったと思いましたが、そこまで伸びてないです。

今見てるのは、僕のヒーローアカデミア、カバネリ、RE:ゼロ、クロムクロ、はいふり、坂本、ジョジョぐらいです。
時間があればもう少しみたいんですが。

boku8-8

普段はアニメが放送されるのにわざわざ原作を先に読むなんてことはしないんですが、
つい読んでしまいました・・

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆エロい(LEWD)
boku8-1


 カエルガール、カエルガール、カエルガールはカエルガールができることはなんでもする。
boku8-2


↑ 超NSFWな透明ガールのファンアート
 (※NSFW=職場での閲覧注意)
boku8-3








◆「氷の奴見て敵わねえんじゃって思っちまった」
 「ポニーテールの奴の言うことに納得しちまった」

 このセリフは印象に残ったな。
 バクゴウが望んでいるかどうかは別にして彼が徐々にクラスの一員になっているということ、彼の知性、ヒーローになりたいという彼の願望、彼の思い通りにはならないということ、他のクラスメートの強さが伝わるセリフだった。
 バクゴウはこれまでの人生ずっとトーテムポールの一番上だったわけだけど、自分と同じぐらいまたは自分を超える強さ、能力を持つ人間のいる環境に突然放り込まれた。群れの中の1匹というだけにすぎないライオンのように。


↑ 彼は子供時代をずっと自分が熱い奴(hot)だと思って過ごし、今度はもっと熱い奴と出会った。
 今までがぬるま湯だったとわかったわけだ。神童(prodigy)時代の終わりだな。







◆このエピソードは
 
boku8-4

 バクゴウの怒りが素晴らしかった。
 

↑ 彼女は尻の上に本棚・・・つけてんのか?






◆こいつ良いな(fabulous)
 
boku8-6


 バクゴウは努力しなければNO1になれないことに気付いたようだな。
 競争相手はタフだ。
 デクでさえすごくタフな競争相手だからな。






◆手、貸そうか?(Need a hand?)
boku8-5




◆氷の奴はすごく退屈してるように見えるな。
 そして、とうとうヴィランが現れた!





◆多く事は起こらなかったけど、面白い個性とすごい個性の生徒がいたね。
 バクゴウが泣いてた、、彼はプライドが高いからね。
 あの顔に手(facepalm)のヴィランはなんなんだ?
 (※今回最後に出てきたヴィランは、みんなfacepalm(-kun)と呼んでました。facepalmは、顔に手を当てるやれやれとかあちゃーという感じのジェスチャーのことです)





◆原作に追加されてたシーンは女の子3人がデクとバクゴウを見てたところだね。
 キュートだった。


(※この場面の「男の因縁です」(the fated battle between men)というオチャコのセリフ!?が結構ウケてた印象です)





◆イズクがクラス内で賞賛を集め始めてるな。





◆ナイスエピソード。デクとカッチャンの関係がうまく扱われたと思う。
 トドロキはOP(over powered)だな。
 オールマイトがカッチャンの事も同じように心配してたのが好き。
boku8-7



boku4-1
 この、落ちてた10円届けた小学生に対するおまわりさんのような温かい対応とオチャコの顔が好き。
 僕のヒーローアカデミアはオールマイトをはじめとする大人の健全さというかかっこよさも魅力の1つです。


 とりあえず、大好きな僕のヒーローアカデミア4話の訳を少しだけ(追加予定)やりました。
 翻訳って一度休んでしまうと再開にはパワーがいるようです。
 
  また忙しくなりそうでもあるので、とりあえず今期は本来のブログの趣旨に戻ってゲリラ活動しようと思います。

 このアニメのこの話だけでも”短くても”いいから訳してほしい、このアニメのこの点についての反応はない?などのリクエストがあれば、できる範囲でお答えしようと思いますのでコメント欄にでも頂ければと思います。(過度な期待はしないでください、もしやってくれるならラッキー程度な感じで)
 なければ、何か適当にやります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆女の子は虹を吐くということが確実になったな。
boku4-2


↑ 知ってたよ! 女の子はマジカルな生物だからね。


↑↑ どおりで俺は出会わないわけだ。


↑↑↑ 3大神話的生物
 1)ユニコーン
 2)ヴァンパイア
 3)ガールフレンド





◆ウララカの下にあるはずの虹たまりが見たい。


↑ 吐いた5秒後のデクの視点からは何もなかったよ。


↑↑ 虹は長くは保たないんだよ。






◆デク×ウララカが出航だ


↑ ぷぷ デク×リカバリーガールがすでに勝利してんだよなあ。
 1)リカバリーガールはすでにデクにキスしてる
 2)彼女はとても若々しい
 3)彼女はみんなの憧れの的
 ウララカがリカバリーガールを相手にしなくてはいけないのは不運だった
 RIP ウララカ





◆「ケツの穴をぎゅっと引き締めて」XD 笑った






◆みんなは主人公が泣いてばかりとか言うけどさ
 ここまでの3話見てないのか?彼は全ての状況がありえないと示していた夢を実現させたんだぞ。成長してんだよ、って感じだ。







◆僕のヒーローアカデミアとワンパンマンが比較されるのが嫌いだ。


↑ でも人はなんでも比べたがる生き物なんだよ :(


↑↑ ある程度まではたしかにそうだ。
 2つが比べられてるのは最近の作品だからということだけが理由だと思う。
 たしかに両方ヒーロー社会を扱っているけど、僕のヒーローがスーパーヒーローについてのきっちりした話であるのに対して、ワンパンマンはパロディ作品だ。いわゆるお約束を壊すようなね(魔法少女マドカマギカがそれまでの魔法少女物のお約束を壊したように)
 






◆体へのダメージを漫画より衝撃的に描いてるな。








◆封筒の開け方が気になった。
boku4-3






◆デクのお母さん体重増えたよな?


↑ だね。





◆最初イズクが「あの女の子」じゃなくて「良い人」(nice person)って呼んだことが疑問だったんだけど、
イズクはたぶんこれまで彼女みたいに普通に良くしてくれる人に出会ったことがなかったんじゃないかとわかったんだ。それで俺は彼女の事がもっと好きになったよ :)


↑ うん。彼は学校でずっといじめられて笑われてたからね。







◆だれかこれを見てる間、主人公と同じぐらい泣いてる奴はいるかい?


↑ 俺もだよ。オールマイトの語り口、イズクが抱いているであろう感情、音楽のコンビネーションでね。
 このアニメは素晴らしいものになると信じてるよ。







◆彼の母親も大好きだ。ドアの外に立って、彼の笑顔を待っている。そして顔に涙の洪水。






◆このエピソードで好きなのは、デクとオチャコの言葉の違いだね。
 我々はあのレスキューシーンで何が起こったかを知っているわけだけど、
 オチャコが嘆願のため雄英に現れたとき「彼に助けられた」と言っている。
 でも、デクは浮かせられて落ちなくて済んだことを「彼女に助けられた」といっている。
 最初に助けたのはデクだというのに、彼が考えることは彼女に助けられた、彼女が良い人だということなんだ。
 デク、お前はかわいい奴だ(sweetie)。




◆デク、なんでそんなにかわいいんだ。
View post on imgur.com

 
 最高のお母さん。
View post on imgur.com



↑ 目がきらんとなるところは遺伝だな。



5月4日現在のredditのコメント数をまとめてみました。

(あくまでredditのコメント数であり、他のサイトでは傾向が異なることは多々あります。
 単純に人気を表したものではないことにご注意ください。
 最近はyoutubeレビュワーのコメント欄の方がコメント多かったりして、コメント場所も多様化してきてると思います。)

2016spring5

カバネリ2話については、中国からの流出バージョンと正規バージョンでスレが分かれていたので合計したものです。ちなみに、だいたい同じぐらいコメントがありました。

re:ゼロのコメントが伸びてます。
私も1話見た後かなり久しぶりに2chをのぞきに行ってしまいました。不思議な面白さがあるアニメという感じです。

カバネリは1話がかなりインパクトあり、海外の反応でも評価が1番高かった印象ですが、それに比べると少し失速気味な気も。


個人的には僕のヒーローアカデミアがかなり好きというか最高。原作も買ってしまって、アニメが終わった後その部分を読んでいるのですが、原作だけだとここまで好きになったかは疑問なぐらいアニメ化に成功してると思います。もちろん原作の構成もすごく良くできていると思いますが。youtubeのライブリアクションやレビューも感情こもってて面白いです。

迷家は1話の段階で保留してたんですがコメ伸びてるので見てみようかと。
はいふりは毎回続きが気になる展開。

↑このページのトップヘ