翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

2016年01月


アトラの「ですわ」に思わず笑ってしまいました。背伸びした?!感じが良く出てました。

とりあえずということで、余裕があれば追記します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆アトラを叩くなんて!! (╯°□°)╯︵ ┻━┻


↑ テーブルなんて不十分だ。 これがいる (╬ಠ益ಠ) ︻┻┳══


↑ 拷問シーンでこんなにムカついたのは初めてだ。無垢な女の子があんな傷を負うものじゃない。







◆lol 彼らはクーデリアがどんな容姿なのかも知らないのかよ。写真も持ってないのか?


↑ だな。俺の記憶が確かなら、クーデリアはテレビにも出てたはずだ。彼らはバカなのか。


↑↑ それぞれの星はそれぞれの放送網を構築しているんじゃないか。火星がしばしば地球から見て太陽の反対側にあることを考えるとさ。


↑↑ 地球と火星はアクセスできないんだよ。火星と地球はリアルタイムでコミュニケートできないって言ってたはずだ。だからインターネットの接続もないんじゃないかな。そしてクーデリアは、すごく最近の現象であって、故郷以外ではあまり知られていないんだよ。






◆新しいOPが好きなのは俺だけ?


↑ 悪くないと思うよ。でもRaise your flagが恋しい。


↑ 俺もすごく好き。どんどん気に入ってきてる。
 OP・ED両方とも好きだ。








◆いたる所に裏切りが、というのがこのアニメだ!
 あいつらはビスケットがミカヅキを止めたからラッキーだったな。アトラの顔を見て彼らがやったと聞いたときのミカヅキの顔!かっこいいモードに入るところだった。
gundam15-2


↑ ビスケットの兄の裏切りについては問題だと思わないな。
 彼はより多くの人間を救おうとした。それに鉄華団とクーデリアに良い教訓になった。信頼してる奴には気を付けろってね。


↑↑ 彼が本当に多くの命を救いたかったのなら、まず労働者の扱いをどうにかすべきだと思うよ。


↑↑↑ 彼は労働者達の責任者じゃない。力のない仲介者だ。






◆残りあと10話しかない。もう25話あればいいんだけど。
 来週はフミタンには良くない話になりそう。







◆ 拍手 よくやったアトラ。勇気ある行動だ。そしていい仕事したミカ。おまえの嫁・ハーレムを殴った奴をやってしまえ。
 OMG ミカ、他人のブーツを嗅ぐなよDDD:
 だれかあの美少年(bishounen)マスクが誰か覚えてる?
 ビスケットがあの体であんな動きができるとは思わなかった。フェンスを超えたところは驚いたよ。
 来週はアトラとミカの関係に何かありそうだ。


↑ 彼はかさばったジャケットを着ているだけで、その下の腹筋は割れてるんだよ。

gundam15-1



 
 
◆来週のタイトルはフミタンのフルネームだ。ネガティブになるつもりはないけど、これは本当に悪いサインだ。


↑ オリジナルのガンダムの13か14話で同じことをやってるね。







◆「今日は娘の誕生日だっていうのに」
 RAISE YOUR (death)FLAG!







(カナダ・男性)
◆アトラがクーデリアのふりをするとは思わなかった><
gundam15-3








◆アトラを改めて尊敬した。彼女は本当に鉄華団の一員だ。







(男性)
◆ミカヅキとフミタンの会話は、最近のエピソードの中ではベストだった。

ミカ「いつもは何を考えているかわからないけど、今は何か考えてるのはわかるから」

会話の中でフミタンはいくつかのことについて話していた
1)彼女の責任はアイナの召使としてアイナの安全を保つことである
2)彼女のミッションはノブリス・ゴードンのスパイとしてアイナの暗殺をアシストすることである
3)ミカがアイナにキスしたことについて行動の責任をとるべき

とても深いね。
ミカヅキとフミタンどちらもキャラクターの掘り下げがされたと思う。
フミタンの内面の葛藤を見ることができるけど、それでもまだミカを”たしなめる”ぐらいの余裕はある。

gundam15-4

だいたい出揃った2016年冬アニメの1話。
redditのコメント数をグラフにしてみました。

(あくまでredditのコメント数であり、他のサイトでは傾向が異なることは多々あります。
 単純に人気を表したものではないことにご注意ください)

2016win1
(日曜日から土曜日まで最速放送日?の順番で並べています)



youtube等見てると、今期最も期待されてるのが、「僕だけがいない街」、「亜人」あたりという印象。
コメント欄では「昭和元禄落語心中」を推している人を意外に見かけました。



全部見てるわけではないですが、個人的には「この素晴らしい世界に祝福を」が一番面白かったです。

「僕だけがいない街」は、逃げるよりまず救急車だろってつっこまずにはいられなかったり、正直それほど話に入り込めなかったです。話題作ということは、たぶんこれからが面白くなるはずなので期待してます。

「少女たちは荒野を目指す」も、女の子の目的がわかるまでは凄く面白かったのですが、目的が分かったところでちょっとがっかり。

その他、前期よりは見るものたくさんある感じです。


oso14-7

個人的にはベストを争う面白い回でした。

-------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)



◆"No music, No life!"
oso14-3





◆カラマツ、かわいそうな子


↑ 全力でカラマツを守るんだ。






◆あのエンディングで笑い泣いたXD


↑ マンゴージュースのところで倒れたlmao

(※他言語を学ぶとき下ネタからの方が入りやすいのは世界共通で、アニメ好きな海外勢には日本の下ネタ関係の単語を知っている人は多いと思われます)







◆Cパート笑ったXD






◆イチマツ様(Ichimatsu-sama)が一番のお気に入り。
 もちろんジュウシマツもそれに並んで。
oso14-4






◆俺が病気になったときは看病してください、イチマツ様







◆これでイチマツは公式にマゾヒストだ。


↑ それをいうならサディストだろ。


↑↑ このエピソードだとそう見えないかもしれないけど、イチマツはマゾヒストだよ。
 声優達によるラジオトークで言ってた。


↑↑↑ そうなの?このエピソードとレンタル彼女の時の話をみるとそうじゃないみたいだけど。
 彼がMだという瞬間を見逃しているのかもね:o


↑↑↑↑ 彼は普段はMだよ(イチマツtype BのEDで言ってた)。
 でもこのエピやレンタル彼女のエピみたいに立場が優位になると(upper-hand)、SになるんだXD







◆hahaha トッティ―はかわいい悪魔だ。







◆まじめに新しいOPにハマってるよ。最初のも2つ目のも好きだ!
 トッティがホワイトボードで説明しているときにかかる音楽、、完璧:'D
 このエピソードは楽しかった!(全部の話が面白いのに俺は何言ってるんだろうねXD)







◆だれもシコ松って呼んでないの?:(


↑ 俺もそれを待ってた。


↑ このエピソードで彼はチョロマツなんだよ。






◆カラマツガールズ!!!






◆カラをいじめるのはやめてT_T







◆でも、へそのしわフェチなんて本当に存在するの?






◆トッティが好きな松リストを急上昇して、5位から2位になった。








◆兄弟たち、病気になってお気の毒だったな。
 またクレイジーな描写がでてきた。バクテリアに対する銀河戦争は楽しかった。




(男性)
◆とてもいいエピソードだった。







(イタリア・女性)
◆私にとってここまででベストの1つ。全ての瞬間が好きだった。
 バカな六つ子がバカなことをする。私の望むすべてが詰まってた。
 あと、これにはすごく笑った。



(カナダ・女性)
↑ 私もそこのスクリーンショット撮ったわ。そこが一番好き。
 今回はイチマツが特にかわいかったと思う。彼がサディストになるところも含めてね。
 全てのスキットが強烈だったけど、カミヤヒロシが教頭をやった最後のパートがバカで最高だった。ずっと笑ってたわXD



↑ これは予想外だったね。同じようにコスプレしたイチマツがでてくるのかと思ったからすごく笑ってしまった。






(フィンランド・男性)
◆カラがトッティのリスト”1位”で喜んでる(crazy)のが可愛い。(ポイントはトッティが兄弟全員を平等に1位にしてるところだよね?それとも嘘をついてるのかな?)
oso14-8


(アイスランド)
↑ そう。彼がすっごく喜んでるのは理解できる。いつも無視されてるからね:'D
 トッティはたぶん2つの顔を持っているんだろう。







(オランダ・女性)
◆ジュウシマツは一人で十分。






(カナダ)
◆やっぱり彼らはお互いの事をあまり知らないんだな?いつも通り面白いエピソードだった。







(カナダ・女性)
◆また面白いエピソードだった。
 ジュウシマツが他の兄弟がいろいろやってる間ずっと寝てるのが好き。
 オソマツはジュウシマツの上に乗ったりはしてなかったし、
 イチマツも「イチマツ様」とかやってなかったジュウシマツに冷えたタオルを載せてた。
 そういう細かい描写がかわいくて好き。
oso14-1

 それにしてもトッティは怖いね=w=; たぶんイチマツより怖い。
 私も彼のフェティッシュなんて知る必要なかったわ。
 
 カラマツはプレシャスすぎる。彼が文章に入れてくる英語がとてもかわいい。ブラザー、ウィンド、スカイ、サンシャイン。彼は兄弟のために山へ水を取に行ってるから優しいね。トッティに1位と言われたときの喜びの涙はとてもかわいい。

 最後のチョロマツ先生には笑い死んだ。彼は考え過ぎでエロいことで頭がいっぱい。トッティがAVって行ったときの彼の反応は予想できたわXD

 ジュウシマツは免疫システムより強くてウイルスを駆逐してしまった。ジュウシマツは一人でいいというのには同意するわ^^;;急展開(plot twist)、株の粉飾決算、、前に言われてたジュウシマツのダークな部分?
oso14-2

 なぜか予告がないし、来週が待ちきれない。





(パキスタン・男性)
◆イチマツがトッティのくしゃみにまでいちゃもんつけてた。で、もっとかわいいくしゃみしてたlol

 「俺はこのまま死ぬのか。グッバイ、カラマツガールズ」 カラマツの言葉はなんでこんなに俺に響くんだろう。彼のジョークにはすごく笑ってしまう。
 イチマツとオソマツのファンアートが来るだろうね。すでにたくさんありそうだけど。
 カラが看病しようとしたのに無視されてたLMAO






(オーストラリア・男性)
◆ジュウシマツはバカのふりをしてるだけだったのか!






◆カラマツには幸せを見つけてほしいし尊重されてほしいけど、同時に彼が無視されたりするのを見るのもすごく楽しい。






◆ふつう”だれかが病気になる話”って控えめで、かわいくて、情のある話なんだけど、これはそうではなかった。
 ウィルスがジュウシマツに。
oso14-5

 そしてすべてのマツがジュウシマツに。
oso14-6

 好きな兄弟順のランキングなんてトドマツは残酷だな。


↑ でも全員1位だぜ。

↑↑ 全員1位であり、全員最下位でもある。たぶん、、それがフェアだな。



OP・ED変わりました。
EDは前の印象が強すぎてまだしっくりきませんが、OPは前に劣らずなかなか良いと思ってます。



--------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆ずいぶん早く話が進んだな。いきなり労働者の反乱か。
gundam14-2


↑ 奇しくも鉄華団がジオンを作ってしまった。


↑↑ 実際そうだと良いのにな。


↑↑↑ ザクが足りないから10点中6点ってところだ。


↑ ビスケットのお兄さんの話を聞いてから、感傷の予感。


↑↑ フミタンからすでにその予感はしてただろう。でもたしかにビスケットの兄については上手くいきそうにないな。






◆新しいOPとEDは良いと思うよ・・・でもRaise your flagの盛り上がりとオルフェンズ涙への移行の完璧さとは比べられない。


↑ 新EDへの移行をまだ見てないから、判断するには早い。


↑ だよなあ。新EDが流れたときに、”オルフェンズが必要だ”って感じになった。








◆ああ、、ビスケット、自分の所属を黙ってさえいれば!
gundam14-4


↑ これはガンダムだ。家族が関われば、感傷領域(feels territory)に顔をつっこむことになるんだ。特に年上の家族(父親や兄等)との遠く離れた関係においてはね。


↑↑ 多くの場合それが死の引き金になるということも覚えておかなければならない。


↑ 彼はまだ鉄華団が大きな存在になってることを知らないからね。


↑↑ それに彼はまだ工業製品を運んだだけだと思って、労働者に武器を提供したことも知らない。








◆ビスケットの兄さんの名前は、、、バターロールじゃない?


↑ ウエハースじゃないかな。


↑ いや、サヴァラン(Savarin)だよ。
(※1844年パリのパティシエの兄弟が作ったケーキらしいです)


↑↑ 聞いたことないな。美味しい?(Oishi?)








◆オルフェンズの涙はもうないのかあ。
 なお、混乱したクーデリアがベスト。


↑ EDで絵の縁取りを色でしているのが好きだな。見ていていい感じ。


↑↑ それにミニミカがかわいい。
gundam14-6







◆OPとEDは最初のと同じぐらい良いな。驚きだ。








◆彼らはもて遊ばれたのか。








◆オープニングのシーンにいたのは新しい型のガンダムか? ついにマスクキャラが。


↑ 少なくとも紫の奴はガンダムだな。






◆ガンダムシリーズはマスクキャラがいないと完成しない。
gundam14-1





◆ミカは全然気にしてないのが良いな。
 ミカはフミタンが裏切り者だと気づいてたみたいだ。
gundam14-7


↑ >ミカはフミタンが裏切り者だと気づいてたみたいだ。
 俺はどこで見逃したんだろう?予告かな?


↑↑ 彼女達がドルト2の代わりにドルト3に行く計画を立てているときに、フミタンの動きが変で、ミカがそれに気づいてる。
gundam14-5







◆子供たち、こうやってテロリストグループはできるんだよ。


↑ それは違うな。
 君の”テロリスト”の定義は少し傾いてると思う。反逆者(rebels)とか反乱分子(insurgents)と呼んだ方がより正確かも。
 ”テロリスト”という言葉は、社会や秩序を動揺させる(destabilize)目的でのみテロ活動を行う者を定義することが目的だからね。ここでテロリストという言葉が正当化されるならそれは主にプロパガンダの道具としてだろうね。

 ここで起こっていることは、現状(status quo)、人々を弾圧する(oppress)エリート達、政府に対する反乱だ。
 反乱は、純粋なテロリズムにはない、正当化要素を持っている場合もしばしばある。
 テロリズムは、”文明化された”人々が従う共通の戦争ルールに違反する”戦争犯罪”に近いものだ。戦略もなく一般市民をターゲットにして、”野蛮”で”恐ろしい”ものだからね。
 反乱を起こす者も、敵が現代社会において組織化されている場合等にはテロリストの策略を使うこともありえるけど、この”武装化した反乱分子”のグループはまだそういう手法を使っていない。
 だから彼らはテロリストではないよ!


↑↑ 自由の戦士はしばしばテロリストと呼ばれる。出生地や、社会、経済、その他多くの要素によってね。
 (以下、ISISの話等になってたので?略)



↑ 悲しいけど事実だね。CIAに感謝してもいいんじゃないかな。






◆ミリタリーアニメで臭いの問題(smell issue)について言及されたものを観るのは初めてだ。
gundam14-3


oso13-2

年明け一発目でヒドい内容でしたw
シコ松がウケてました。

今年もよろしくお願いします。
頑張ってしまうと疲れて続かなくなりそうなので、今年も適当にやっていきます。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆オープニングの話はなんか混乱した。


↑ hahaha 
  今回だけであればいいけどね。






◆他のredditアニメ板の連中は大事なものを見逃しているの気づいてないな。


↑ ほんとだよ。放送から9時間ぐらい経ってるけどまだ狂わされてるぐらい良いアニメなのにな。
 2つ目の話はそれほどでもないけど、1番目と3番目の話は素晴らしかった。
 3番目のは特にこれまで最高の出来だった。ジュウシマツのいつもの布団の奴から、シコマツ(fappymatsu)の標識までこのアニメで一番面白いものだった。
 あと最高にクールなEDだった。最初はそんなに来るものはなかったけど、トトコが出てきたからは素晴らしい。
 ほんとにこのアニメが好きだ。
(※fapはアレでfappyはそういう気分の意味だったりするようですが、fappyを調べるときに検索でシャ〇プ製ファクシミリが出てきてました・・・)







◆絶叫はさすがに騒ぎすぎだと思うけど、サネマツの話にはやられたな。彼は長い間の孤独で正気を失ってしまったんだろう。
 2番目の話はとても面白かった。性別を変えた(genderbent)マツ達がすごく良かった。
 新しいOPもナイスだね。
 この話のオソマツには爆笑した。チョロマツシコマツに対して容赦なかったからね。
oso13-3
 






◆これを置いておこう。





 

◆おそ松さんが勢いよく(with a bang)戻ってきた!
 ここまででベストな回だったと思う。
 全部の話がすごく良かった。






◆イチマツ?というよりフルボッコマツ(REKTmatsu)だな。








◆最初の話はもっともっと暗い結末を予想してた。
 あれが最後の食事で、彼が死んでみつかるとかね。
 もっと女性版が見たい。







◆文字通りここまで最高の回だった。ジュウシマツがベストマツ。







◆私の人生にはもっと腐女子のチョロ子が必要。全部良かった。シコマツ・・・・
oso13-4







◆OnoDが女の子の演技をしてたのがベスト。
 この話は最高とは言わないまでも。ベストエピソードの1つだ。
 パーカー(hoodie)のモーション動画はすごくクールなアイデアだね。







◆待って、彼らは結婚したの?
 


↑ そうみたいだね。クリスマス回で〇ックスしたのが暗示されてたから。彼らにとっては良かったのでは。
 

↑↑ それは素晴らしい。






◆ここまでのベストエピソードかもね。兄弟が他の兄弟に突っかかっていくのが面白い。






◆最初の話は重いよ。






◆第2クールの始まりとしては素晴らしかった。どのスキットが良かったか決められないよ。






(カナダ・男性)
◆シコマツが純粋な勝者。いいスタートだった。







◆lol メインの話と違ったデザインのパロディが楽しかった。
 それに比べれば他のは普通だったかな。性別変えた奴の話はなんか怖かったけどD:
 新しいOPEDはキャッチ―だったね。







(イタリア・男性)
◆WOW 新しいOPとEDは素晴らしいね。最初のより良い。
 女子松さん omg LOL
 楽しいエピソードだった。ずっと笑ってたよ。
 最初のは気持ち悪くて気分が落ち込んだけど。
 シコマツ LMAO
 






(アイスランド)
◆この・・・エピソードは・・・正気じゃない・・・
 OMG 3番目のは素晴らしすぎて倒れそうだったよ。美しい。
 チョロマツ最悪の日という現実味のある話だった。
 オソマツvsチョロマツから始まり、兄弟たちのライバル関係というかケンカというかがめちゃくちゃ素晴らしかった。
 最後にはチョロがオソを許してるところなんて本当にハッピーだね:)
 でも一番密かに大人なのはカラマツでケンカに入っていかなかった。
 






(カナダ・女性)
◆ジュウシ子にめちゃくちゃ笑ったわ。結局コギャル(kogals)の評判はよくならなかったみたい。


 





(カナダ・女性)
◆シコマツがフォーカスされてたけど、ジュウシマツ(juushibaby)が画面にでてきてとても満足。




 


(男性)
◆トドマツがベストだけど、兄弟たちが彼にストレートに言うのが好きだな。
「いや、お前そんなにルックス良い方じゃないよ」by イチマツ


寝る前にこれをやるのが俺だけじゃなくて嬉しい。





↑このページのトップヘ