翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

2015年12月

oso11-1

1話以来、今風キャラデザの六つ子がでてきましたが、当時さっぱりわからなかったキャラの見分けもある程度つくようになってました。


--------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆ダ、、ダヨンとデカパンはセ○クスしたの?


↑ 他に解釈しようがないと思うんだよね。






◆アイドル松(idol-matsu)を見るとは思わなかった。
 嬉しいし、笑えたよ。
 毎エピソード良くなっていくのはおそ松さんだけだな。
 だよ~~~ん

↑ トトコとF6がラブホテルを全部壊していくところで水吹いたLOL







◆1話以来ベストなエピソードが来た。メリークリスマツ(Christmatsu)!







◆2期があってうれしい、ずっとコメディに笑わせてもらってるからね。








◆美少年松が帰ってきた。このアニメでベストなパートだ。








◆最高のクリスマス回だった。彼らはどうやって祝うべきかを良く知っているね。







◆かわいそうなカラマツはカウンセラーにも助けてもらえない。








◆守りたいこの笑顔。



↑ NO





◆美少年マツノ達が帰ってきた。正直また見れるとは思ってなかったんだよね。






◆Mr.フラッグがいつも全ビッチを持っていく。


↑ うん、金の事を別にしても、彼は本当にスウィートな奴に見える。
 外見は変だけど、でもスウィート。


↑↑ ウィンナーコンテスト覚えてる?彼のサイズ覚えてる?







◆彼らのプレゼントは良い趣味してたな。
 俺もだれかからプレゼントの1つでももえらえるといいんだけど・・・








◆このエピソードはすごく本当に面白かった。1話に肉薄したね。
 めちゃくちゃ笑ったエピソードの1つになった。







◆ホエ~
  
 ダヨ~ン






◆フィンランドが言及されてた!
 ハタボウが航海して、ここに来るって?
 この国について日本人は知っていて、自分が知らない何かがあるようだ。











(フランス・女性)
↑ ダヨン×デカパンのスキットは爆笑した。このアニメのベストエピソードだわ。
 ずっと笑いがとまらなかった。






◆メリークリスマス~
 彼らが空を案内するのは見てて楽しかった。(もろファンタジーでありえないけどlol)
 これがクリスマススタイルのおそ松さんだ。









(インドネシア・女性)
◆イチマツがカップルに話しかけてる時は怖かった。あのにらみ~
 美少年六つ子が帰ってきた。
 エンディングがクレイジーXD、 トトコのリアクションがリアルで好き。
 カラマツのプレゼントを取ったときのトドマツの顔がプライスレスLOL
 プレゼントをみたとき息がつまったわ。
 カラマツが第4の壁を破った。「可哀想という意見も・・」(笑死)







◆訳してみた。


 


◆サングラスを外し深い声で「メリークリスマス」 パンツ落下。





◆トトコ「えーどうやったの?」
 ジュウシマツ「メリークリスマス」
 トトコ「じゃなくてどうやったのかを!」


↑ ジュウシマツの「メリークリスマス」の言い方。
 ファンガール状態になったわ。





(ブラジル・女性)
◆ジュウシマツがサンタを待っているのがかわいい♡





とうとう来週が最終回。

個人的には、イアイアンの忠告に対するS級たちの反応、話を聞かない人達だの流れが好きです。
海外の反応では、ボロスの説明セリフから「そうか」がすごくウケてました。



-------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆「右に出口があるから」
 「じゃあ左に行こう」
 あのエイリアンは人間の性質を学ぶ貴重なレッスンを受けたな。


↑ サイタマはゲームから貴重なレッスンを得てるな。
 向かう方へ敵がいるならそれが正しい方向だと。





(チェコ・男性)
◆あの顔:D







◆開かないドア
 「おい、あけろよーお客だぞー」
 ドアを引きはがす。
 そう、これがサイタマだ。


↑ お約束を壊しているのがいいね。
 「ドアがロックされている。他へ行ったほうがよさそうだ」っていうのではない。ただドアを壊すというね。







◆目の前の敵が平気で脱いだときの顔







◆>最強のヒーロー

 来週はキングが活躍するのか?








◆あと1話しか残ってないという時の俺の顔
one11-1


↑ OVAがあと6話あると聞いたときの俺の顔
one11-2









◆こいつはいろんな意味で笑えた。
 のんびりしてるし、酷いコスチュームを着てるようにも見えるし。


↑ 「おうち帰りたい」









◆ボロス
 宇宙の分母(denominator)
(※宇宙の支配者→歯医者は、字幕ではDominator(支配者)→Denominator(分母)になっているため)








◆目の前の敵が平気で脱いだ時の顔
one11-3











◆ボロス視点から見たサイタマのワンショットがいいね。
 パワーを見るボロスの力によってサイタマがシリアス調になっている。
 ボロスが真剣なのも不思議じゃないな、ボロスだけにはサイタマの中のカッコよさが見えるんだから。
 
one11-4


↑ 阿修羅カブトも一目でわかったけどね。








◆ボロスはワンパンを生き延びた最初の敵だな。
 彼がワンパンで負けなかったところが好きだ。


↑ 彼がワンパンで仕留めるつもりだったかどうかが問題だな。


↑ ボロスのバックストーリーは興味あるなあ。何十億マイルも離れた宇宙で、ボロスとサイタマは戦う価値ののある相手という同じものを探していた。
 彼らは戦いに飽き、生きることにも飽き、しかし今、ついに出会った。戦いにおける魂の友?







◆伝説のOK。
 来週はすごいことになりそうだ。



(※日本語では「そうか」ですが、字幕では「OK」になってました。
 まあ普通に面白い場面ではあったんですが、コメントではやたらウケてた印象です。)







◆チームワーク



タツマキも助けに入る



来週盛り上がる!








◆「超能力の無駄遣い」「小石を飛ばすぐらい誰でもできる」
 小石一投げで頭をとばす。
 
 最高にのんびりした(laid back)最高の場面の1つで素晴らしい。


↑ サイタマは史上最高にぼんやり(absent minded)したヒーローだからな。
 文字通り本気にならない。


↑↑ バーゲンセールの時を除いてはね。






(オーストラリア・男性)
◆多くの登場人物が戻ってきたのが見れてよかった。進化の家のメンバーは料理をしてたね。
 S級ヒーロー達の戦いがすごくクールだった。RIPシルバーファング。
 タツマキが爆撃弾を止めたのなんてクレイジーだ。彼女がいて運がよかったな。サイタマでさえ全部止めるのは無理だろう。
 最後のシーンは盛り上がったと同時に笑えた。完璧な「そうか(OK)」だった。
 ボロスが野獣に変わった。来週が楽しみだ。






◆1話が「最強の男」でサイタマを紹介。
 12話が「最強のヒーロー」で最強のヒーローを紹介。






(アメリカ・男性)
◆このアニメは俺の中で大きな存在になってきてる。最初はそんなでもなかったんだけど、今は本当に面白い。







◆船の中の広大な迷路、あんなのどうやって解けっていうんだ。






◆このエピソードでサイタマがこのアニメを成り立たせているということが確定されたね。






◆村田が「2期ができるようにがんばるって」ツイートしてるね。


好評なコメントが多かったです。

個人的にはCパートのオチが一番笑えました。



-----------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)



◆一番面白いとは言えなくても、面白いエピソードの1つではあったね。
 キャラクター同士の掛け合い(interaction)がとても良かった。







◆このシーンXD









◆またイチマツがカラマツのサングラスを猫に壊させることによってカラマツへの軽蔑を表していた。









◆展開で一番予想外(twist)だったのは、彼らがお金のために働いたことだ。
 持ってるもの全部売ったり、莫大な借金をするのかと思ってた。
 ここまででも面白いエピソードだったね。








◆このエピソードは独創的だった(ingenious)。女装するのを止めるどころか、全部変えることにしたようだ。ブラボー。
 カラマツ。カッコつけすぎるとマヌケに見えるぞ。

 
 チビタとダヨンがイヤミのレンタル彼女計画に参加。少なくともチビタはかわいくみえる。


兄弟たちを責められないな。イヤミはメガ・ホットだ。


チビタも結果的にメガキュートになった。自分のかわいさを誇示するチビタは恐ろしい。自分のかわいさを知っている。


ダヨンは恐ろしいことにミス日本に。









◆カラマツがカラーコンタクトを見せたとき、痛かった。








◆面白いエピソードだったけど、見てる間少し気まずかったな。








(オーストラリア・女性)
◆正直、女になったイヤミとチビタならデートできる。
 女性のときの笑い方が好き。完璧。
 最初の部分はスウィートだった。








(イタリア・男性)
◆このエピソードはめちゃくちゃ笑えたLOOOOL
 CパートもLOL







(オランダ・女性)
◆すごく良かったLMAO
 カラマツが自分の顔の入ったTシャツ着てたのがプライスレス。






(アイスランド)
◆BHAAAAA!! 笑い過ぎてのどが痛いよLOL
 すごく好きだ。たぶんここまでで一番のお気に入り。狂ってるよ!
 彼らの顔、、ジュウシマツ、どうしたってんだ!?:'D
 イチマツ、、良い意味で気持ち悪い!
 彼らが働くのを見るなんて、、でも理由は良くないけど。
 悲しいことがチョロマツにも。。彼はもう少しで見抜けるところだったのに。彼は一番まともで論理的なはずなのに。彼もオチてしまったのが悲しい:'D





(カナダ)
◆素晴らしかった。イヤミとチビタにお仕置きがあるというのはわかってたけどね。





 
 
(スペイン)
◆いいエピソードだった。すごく笑ったよ:D





◆グレートなエピソードで、たくさんのプライスレスなリアクション顔があった。





 

(カナダ・女性)
◆BHAHAHA 六つ子の怒りを買うべきではないわねXD
 濃いエピソードだった。









(アメリカ・女性)
◆このエピソードは一番のお気に入りになりそう。
 イチマツを怒らせてはダメ。
 イチマツが今回のMVPね、最後の方のリベンジでいい仕事したから。
 みんな邪悪な怖い顔してるときでもジュウシマツがまだ笑ってるのが奇妙で面白い。プライスレス。







◆エンディングシーン hahah 彼はどこいったんだろうって思ってたんだよね。だよ~ん。
 あの薬の力は素晴らしいな。俺も欲しい。研究のために、、、ね。





字幕の方は、童帝(CHILD EMPEROR))、超合金クロビカリ(SUPERALLOY BLACKSHINE 漫画ではDARKSHINE)、閃光のフラッシュ(FLASHY FLASH)でした。



---------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)




◆サイタマが船の中をずっと走って、ビデオゲームみたいに考えてるのが好き。
 「もうそろそろボスが出てきてもいい頃なんだけど」


↑ サイタマはこの分野の専門家だからな、彼にしてみればヒーローとしての宿題をやったようなもんだ。


↑ サイタマはビデオゲームが好きだからな。漫画を読めばわかる。






◆最近まで知らなかったんだが、タツマキが28歳だと学んだ。すごく小柄だが。
 話とは関係ないが、思っても見なかったよ。
 それでこれがメタジョークになるんだな。
 


↑ >タツマキが28歳
 そうだったのか。ありがとう。







◆屋上に立っているサイタマの漫画バージョンは凄くクールだ。
 アニメオリジナルのタツマキの話は良かった。
one10-1










◆よろしい、、では誰か私の重要な質問に答えてくれるかな。
 タツマキはパンツというか下着を着てるの?


↑ もっと良い質問:なぜぷりぷりプリズナーに囚人服を着せているのか。


↑ このエピソードから。
one10-2






◆1:14から1:15あたりで一時停止すればタツマキの素晴らしい尻が見れるよ。


↑ 「自らを誇りに思っているアニメーターがそこにいる」
  -Anonymous


↑ 50回以上やってやっと見れたT T
 でもその価値はあったよ。


↑ ありがとう。お前は最高の目をしてるな。


↑ S級の目の持ち主







◆やばい
one10-3



↑ 漫画バージョン
one10-4


↑↑ 怖い


↑↑ ゴゴゴゴ


↑↑ ざわ・・ざわ・・








◆このアニメが終わってしまったら気が動転(upset)してしまうだろうな。


↑ このアニメが終わった後に来るだろう ”アニメ終了後の憂鬱”(post-anime-depression)は、たぶんサイタマのパンチを食らって終わることに似てる。
 死があっという間に俺を連れていく。ワンパンマン放映のない世界になんて生きたくない。


↑↑ それよりは”永遠に続く絶望”だな。







◆細かい所なんだけど、このアニメの脇役(side character)についての考え方が好きだな。ほとんど登場しないキャラクターにもちゃんとそれぞれのストーリーがあるというね。
 無免ライダーがその良い例だけど、ぷりぷりプリズナー(ワンパンマンという作品基準でもふざけたキャラだけど)も深みを持った。深海王との戦いに敗れてタブロイド紙には叩かれたりしながらも、教訓を得て戦いのスタイルを変えた。そういう細かい描写でその次の戦いがより興味深く好ましいものになってる。とてもうまくいってると思うんだ。


↑ このアニメの強みの1つは、話がサイタマを中心とするものではなく、でもサイタマの周囲の話だということだ。キャラのてこ入れ、世界構築、政治等々。そういうところには注目せず、サイタマとジェノスが出てくるまで関心を示さない人を見ると悲しくなるね。







◆ジェノスは無慈悲だ。







「落ち着いて、ジェノス君」


↑↑ このジェノスの顔はプライスレスだな。完全に「このくそ女」って顔だ。







◆笑い死んだ。



↑ たぶんサイタマか豚神だな。






◆とうとうキングエンジンが聞けたな。






◆キングをうまくとらえてた(nail)。声。エンジン。完璧だ。数年後の2期で彼を見るのが楽しみだ。







◆超合金クロビカリがしゃべりはじめたときめちゃくちゃ笑ってしまった。オーバーロードのモモンガに聞こえたから。クレメンティーヌの声優もタツマキで出てるよね。彼女が出ててうれしい。タツマキ役もとてもうまくやってると思う。

それと、サイタマは気付いている。



↑ タツマキはキーキーかわいい。


↑ サイタマが読者・視聴者を見てるというよりは、屋上に出やすい場所を探してるというのが俺の説。


↑↑ こっちに来てる宇宙船に気付いたんだと思うな。それで、それが今日かもしれないって言ったんだろう。


↑↑↑ なるほど、天才か。サイタマは他のみんなより一段上にあることをさりげなく表してるんだな。







◆現実世界での俺

「いいぜ、暇だから」


↑ リアルすぎんだろ・・・


↑ 何かをするのにベストな理由だ。





◆タツマキがエキサイティングな再登場でナイス。

タツマキとサイタマのやりとりが面白い。迷子だと勘違い。プライスレス。
一堂に会したヒーローたちを見ることができた。興奮する。何人かは変な奴だと認めざるをえないけど。
不吉な予言・・・おそろしい。何人かのヒーローのアクションが見れてよかった:D






◆ONE先生のオリジナルの絵を使ってるんだなHAHAHA






◆バングは2番目に良い先生だ。一番はサイタマだけど。


ヒーロー団結







◆LMAO タツマキは手に負えないガキだな。真剣になったときは素晴らしいけど。


みんながどうするか議論している間にサイタマがすぐ行動に移るのが好き。真のヒーローだ。







今回割と静かな回かと思いきや、最後のアレは鳥肌立ちました。
8話でアトラもクーデリアとハーレムすればOKみたいな海外の反応ありましたが、まさかアトラ本人から言い出すとは。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆ミカヅキの登場(entrance)、あの歌への移行(transition)、鳥肌!


↑ エンディングテーマへの導入が毎回よくなってる、今回のも素晴らしい!


↑ 本当に。あそこでガッツ(※アキヒロ)とタカキがやばいってなってた。







◆タカキはどうやって生き延びたんだ。このエピソードは彼の死亡フラグだらけだったのに。
 彼はいろんな意味で攻撃を受けやすい状態だったね。


↑ 彼にはまだ来週もチャンスがあるさ・・・
 






◆メリビットが現れて、オルガ×メリビットも悪くないなあと思い始めてきた。
まだオルガ×ミカだけど。
アトラのハーレムルートのアイデアには驚いたよ、特に彼女の返答の後だからね(※どれのことか未確認)、すごく笑った。
そして、ミカヅキの登場には震えたよ。エンディングテーマの貢献は大きいね。素晴らしい!
彼らの家族の絆が少しずつ現れてるね。
Orphaaaaans namidaaaaaa!




↑ アトラの夢(dreams)のスクリーンショットが素晴らしい。
 ところでオルガは本当にハンカチを失くしたの?それとも思い出(memento)に持っておくつもりなの?


↑↑ Hmm それは考えなかったな。彼がそんなに興味あるようには見えなかったから(彼がイライラしてたのは好き)、彼が思い出として持っておくつもりという可能性はなさそう、、でも誰もそんなことはわからないよね。







◆ちょっと待て! アトラはハーレムエンドでもいいだって?ガンダムシリーズで?
 俺らは本当に時代の変わり目に生きてるんだな。なんて時代だ。
 






◆俺のエンディングのリアクションは
 「くそ、あの悲しい話は死亡フラグだってわかってたさ」から「いいぞ、ミカ!」にあっという間に変わった。


↑ ミカが来るとしてもタカキが死んでからだと思ってたからなあ。






◆ビスケットの妹がクッキーとクラッカー、誰か彼女達が名前を言ったとき笑っただろ。






◆ビスケット、走るのをやめるな。やせるんだ。






◆Ahhh アトラがハーレムルートに行くほど必死だったとは。





 
(アメリカ・女性)
◆オルガがメルビットに惚れるのは明らかだと思うな。彼女が彼の最初の女性になるかもしれない。
 彼が早く大人になれることを期待しているわ。それに彼女が彼の死の原因にならなければいいけど。
 アトラが私の中で大きな存在なってきてる。彼女がミカヅキと最初に出会ったのを観れたのはよかった。
 彼女がミカヅキとうまくいくかどうかはまだわからないけど。
 ラフタが出てこなかったのは残念。ミカヅキとの絡みもなかったし:( それは他の男とからんでたからね、彼らの間に何か起こるとは思わないけど。





(フィリピン・男性)
◆アトラの想像lol

 

 


◆アトラの考え方が好きだ:D
 たくさんの死亡フラグがあったのにメインキャラの誰も死んでないのが驚き。






◆ナイスなキャラ展開とキャラ同士の掛け合いがあった。
 アキヒロとアトラについていろいろわかったね。彼女は過酷な子供時代を生きてたんだ。
 ショタのミカがかわいいXD
 ミカとクーデリアと一緒という結論に笑ったXD
 そしてあの最後。最高に盛り上がった!バルバトスのニューフレイムは素晴らしい!
 
 LOL






◆ガンダムシリーズでアトラみたいなキャラクターは見たことないなあ。
 喜んでシェアするだって!
 良い事だとは思えないけど、彼女の思考過程がすごくかわいいというのは認めざるを得ない。
 アトラとミカの出会いは二人のキャラをすごく広げてると思う。
 
 最後に出てきたモビルスーツは宇宙海賊だろうね。タカキが死んでしまうと思ったけど、まさにその時ミカが現れた。最初の方で追いつくという話をしてたから予想してなかったわけじゃないけど、彼がギリギリ間に合って息を吐き出すのを見たときは安心した。
 彼は家族を死なせないという約束を守っている、今のところ。






◆ RIP オルガのファンガール


↑ 彼は、ユージンがパブで言ってたのと同じ事いってる。
 しかし、今やユージンは女にナイスになってる。





◆LMFAO ユージンとノルバがあの夜遊んだことは確定だな。
 そしてアトラ、君が好きだ。君の考え方。

↑このページのトップヘ