翻訳ゲリラ

趣味&英語の勉強で適当に海外の反応の翻訳をします。 ※リンクは何となくプレッシャーになるのでお断りしています。※特定のアニメをシーズン通して翻訳するということはしません。 あくまで個人的に興味があった場合だけとりあげます。 ※誤訳等ありましたら遠慮なく指摘してください。※翻訳元は主にreddit、myanimelistです。

2015年09月


(海外の反応ではなく、ただの個人的感想です。ネタバレ注意)


最終回までみての感想





がっこうぐらし!


衝撃の1話ラストからずっとある程度のテンションを維持して、面白かったです。
脚本家が多いということが放送前から話題になっていたようでしたが、それを納得させられるような細部まで丁寧な作りでした。
あれ?と思ったのが、防犯ブザーが1つだったのと(原作では5つぐらい鳴らしているらしいので、どこかで伝達ミスがあったんじゃないかと予想)、ユキの覚醒のところがめぐ姉が本当にいたかのような描き方に寄りすぎだった(なんだかんだでユキがユキなりに自分で考えてたという感じが薄くなってた)ところぐらいでした。
いずれにしても、このぐらい練った感じがするアニメは珍しいというぐらいよくできてたと思いました。
こういう体制で他のアニメも作られたらもっとアニメは面白くなると思うので、アニメファンとしては応援したいです。






シャーロット
char7-4

7話で感動したので翻訳をはじめたのですが、
それ以降いまいちで11話で完全にがっかりして翻訳をやめてしまいました。

自分が面白いと思えないと翻訳は苦行だというのがよくわかりました。
(ネガティブなコメントって訳そうとすると疲れますし)
他のサイトさんでも途中で更新が止まった場合、面白くなくなったというのが1つの原因だと思います。
好みは人それぞれなので、なんでここでやめるんだという人もいると思いますが。

さてシャーロットですが、本当は2クールでやりたかったのを1クールに詰め込んだという印象です(特に8話以降)。
たとえば、サラが能力を失った過程、過去編の研究所ではおじいちゃん研究員との交流からのおじいちゃん死亡、世界を回っているところではユウが正気を失っていく過程、治癒能力の女の子の話、勇気の子の話、ナオがずっと撮っていたカメラ映像などなど、盛り上げられそうなところはたくさんありました。

それを短縮して急いで風呂敷たたんでこうなったという感じです。(それかプロットはできてたけど締め切り間に合わなくて13話分にしかならなかったとか。)

まあたぶん7話の「ずっとです」が一番やりたかったことなんでしょうし(OPの歌詞にもあるし)、それで十分感動したのでよかったと思いますが、もったいないなあとも思いました。

海外の反応でもポテンシャルはあったのに残念という声が多かったと思います。

ナオはかわいかったです。







六花の勇者


面白かったです。今期のダークホース。
5話の展開に驚きましたが、1話からキャラが生き生きしてて良くできてるなあという感じでした。
7人目の正体についてはわりと早い段階でこいつあやしいなとは思いました。
結界が作動して出られなくなってしまったところでの異常な取り乱し方とか、この人こんなキャラだっけ?それとも演出が変なの?と思ってたぐらいだったので。
(コメントによるとアニメは原作よりその辺わかりやすくなっていたみたいです。)

メタ的にも、ハンス等はでてきたばかりで、それが犯人だと言われてもああそうですかとしか言えないので、それまでに出てきた4人に絞られるし、意外性という意味ではもっと絞られるなあと思ってました。

またファンタジー世界だったので、謎解き部分で霧と気温の関係などがでてきたときはそういう科学的な推理もアリなのかあと思いましたが、今期は今後の展開のための世界設定の説明的な話でもあって、ここからが本番ということなんでしょう。
今回の話だけであれば、モーラがあまりに頭悪いとかツッコミどころあったのですが、振出しに戻ったことでそれにも意味があるかもしれなくなり、よくできてるなあと頭を抱える感じでした。
なので2期を作ってほしいです。

後から思うと、なるほどなーと思って訳した文章が、結構本筋だったりして、海外の人は原作知っていながら知らないふりしていろいろ書き込んでたのかなあと思うところもありました。

フレミーがかわいかったです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

pri12-1

区切りがいいというのもあるんでしょうけど、最高の終わり方でした。


海外の反応では、Cパートの事もあって2期を望む声にあふれてる感じでした。


---------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆アニメの中で最も強烈なキスだった。

 

女の子の鼻血が見れたのが良かった。いつも男だからね。



彼らの計画が見事(brilliant)。無実であることを証明した。
生徒会がプリズンに送られるなんて予想してなかったよ。
今期一番のアニメだった。2期を期待する。
pri12-2







◆フレンチキスの後の鼻血。
 このアニメは本当に斬新だった。






◆自分も同じこと思ったよ。
pri12-3

「一体何をしているんですか?副会長」



↑ ×××に溺死。
 理屈にかなった死に方だな。





◆俺も副会長のプレス尋問を受けたい。アンズが羨ましい。
 ハナ×キヨシが素晴らしい。あのキスも好きだ。
 立場の逆転の仕方が好き。今度は彼女達がプリズンに入るのかXD








◆素晴らしい(solid)アニメ化だった。








◆ボトルがずっと落ちなかったということはキヨシのあそこ(toy)は岩より硬くなっていたに違いない。
 ハナがハードコアだった。
 メインテーマが最後の数分で変わったな。男子達は自由になり、裏生徒会が監獄へ hahaha :D
 新しいキャラクター達が続編についてのヒントだね。
 待ってられそうにないから漫画を読むべきかな。
 本当に面白いアニメだった。









◆ガクトの計画が傑作だったな*o* あんな信じられない事を思いつくのはガクトしかいないだろう。







◆この手のジャンルのファンってわけじゃないんだけど本当に面白かった。









◆良いエンディングだった。
 あの魔女達がプリズンに入るのは自業自得で嬉しい。
pri12-4







◆2期来いいいいいいいいいいいいいいいい


↑ 監獄学園にはその価値がある。JCSTAFFは正義を執行したな。次章はすごーーーく良いぞ。


↑ エンディングを考えると、とても興味深い。







◆キヨシはこれを他の奴らに知られない方が良いな。
pri12-5


↑ 確かに。めちゃくちゃ怒るだろう。







◆最初から最後まですごく笑えた。
 他のシリアスアニメよりずっと惹きつけられたし(engaging)。
 見てる間ずっと身を乗り出してたよ(on the edge of my seat)。
 コメディとプロット両方でいろいろ考えさせられたし、展開のひねりも続いてしかも流れるようだ。
 見事な最終回。入れ替わったのには気づかなかったし、フォークで刺された事は忘れてたよ。
 今季一番のアニメだ。






◆ガクトは漢だ。チヨの服を汚すことを望まなかった。漢の中の漢。







◆さて最も重要な質問をしよう。
 ベストガイはだれ?
 ベストガールはだれ?






◆花のリアクションが最高。





◆あのキスシーンには言葉がないよ。素晴らしい。




◆HANA IS LOVE. HANA IS LIFE.
 キヨシはラッキーな野郎だ。
 10点満点中10点。その価値があるアニメだ。ちょっとオカシイぐらい良くできてた。
 omg 花の舌が  ASDF;LKASJDFKASDF






◆くそ。キヨシがだますためにキスしたと知ってハナが傷ついてしまったじゃないか。






◆ガクトの知略が見れなくなるのが寂しい。
 クラシックアニメとクラシックゲームへの先祖返りがあったね。


ガクトの最後の犠牲があった。恐れを知らない男だ。
pri12-6









◆なんてエンディングだ。良いアニメだった。

 ガクトの追跡。 プレデターのサーマルエフェクトかけた方がいいな。


 ガクトがボコボコにされる






◆Gakuto=MC2
(※E(エネルギー)=mc2の式とMC(メインキャラクター)を掛けたネタ)






◆理事長は素晴らしい。



 





◆マリ、お前はクビだ。
pri12-7



↑ 新しい暴君が暴君を追いやった。





◆マリが潔い(graceful)敗者の姿を見せたとき、彼女のキャラクターが好きになり始めたよ。
 少なくとも彼女は嫌な女だったことは自覚してる。







◆アンドレを女の子達がいじめている。でもこれは彼のフェチだからね。
pri12-8








◆右の奴 こえーよ:( 左の奴が一番残酷なんだろうけど。
pri12-9










放送室で何をするんだろうと思ってましたが(音を使うのは当然として)、なるほどという使い方。
太郎丸の記憶の話の流れからスムーズでした。

そして太郎丸・・・
EDでめぐ姉と並んでいたことから復活はないと思ってましたが、
泣くなっていう方が無理っていうか・・・

最後の方は2期ありそうな流れでした。
手紙を拾う人間はわかりますが、もう1匹の犬の存在が謎です。
2期で太郎丸ポジションになるのか。
でもユキ達は学校を卒業してしまっているので出会う場面がなさそうな気も。


海外の反応では、太郎丸関連のところでは自分の犬を失くしたときの話などのコメントが多かったです。
2期を期待するコメントも多かったです。


追記:
下校放送についてはざっと見コメントがなかったです。
 いくつかyoutubeライブリアクション動画を見ましたが、やはり下校の放送についてはピンと来てないようでした。あちらにはああいう放送はないでしょうから習慣化しているという感覚は理解できないかもしれません。

 リアクション動画では、ユキがマイクのスイッチを入れたときに「歌うの?」って言った人が2人いました。


--------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆クランチロールの配信が遅れて夜になったせいで俺達は悪夢を見た。






◆このアニメ全体に失望させられることはなかったな。
アニメーション、特に音響演出は素晴らしかった。
すぐ2期があるといいんだけど。


↑ 音響演出はほんとにすごかった。
 めぐ姉のテーマは徹底的に不穏(unsettling)だった。
 学校の中にも背景ノイズがあって、音がしないことがなかったし。
 ずっと不穏を感じていたとしたらそれは音響がいい仕事をしたということだね。






◆ゾンビ達は共食いしてるのか?だれを/何を食べてるんだ?








◆今期最もかわいいアニメが終わった。2期はいつ?


↑ すごく人気があれば2期あり得ると思う。


↑ 終わりのところの描写からすると2期がある可能性は高いんじゃないかな。


↑ 2期があっても驚きではないね。どうやらヒットしているみたいだし。1話の終わりから話題になっているし。


↑ 漫画の売り上げが10倍になったって何かの記事で読んだよ。いいきざしだ。

 






◆めぐ姉はいつも彼女たちのそばにいるんだね。
 疑うかもしれないけど、ユキがうなずいたとき、彼女の影(めぐ姉)は動いていないんだ。





◆(上と同じ場面について)教えてほしいんだけど、これめぐ姉じゃないよね。







↑ YOOOOOOOO


↑ よく気づいたな。このアニメの細部のこだわりが凄い。


↑↑ このアニメはディテールによって素晴らしいものになってる。







◆ベストガールのシャベル騎士が生きてた。神よ、ありがとう。
 RIP太郎丸・・・
 そしてあれはケイかな?彼女の髪型に見えるね。まあ、たぶん彼女が生きてるなんて誰も思ってないだろうし。
 他の生存者がいた!
 予想してたよりずっと明るいエンディングだった。
 2期を待つよ。
 Gakkou Gurashi 2.0: Everything Will (Not) Be Daijoubu. (みんな大丈夫or大丈夫じゃない)
 






↑ >予想してたよりずっと明るいエンディングだった。
 そうだね。太郎丸が間に合わなかったこと以外は。
 ほろ苦い結末を期待してたけど、失望は全くしていないよ。







◆いい子だ、太郎丸、いい子だ(good boy)。






◆素晴らしかった。
 太郎丸の死は予想してなかったからひどくやられた・・・
 このアニメは、サプライズがあるとか、実はホラーとかいうだけでなく、良くできたゾンビものだったよ。
 うまく作られていて感情を捕まえられた。
 



◆最近犬を失ったばかりだったから、心打たれたね。
 本当にこのアニメが好きだ。ベスト5には入ると思う。




◆今回、破壊されたよ。ユキが、太郎丸がありがとうって言ってたよってミー君に言うところまではまだ大丈夫だったんだけどね。



◆自分の犬をハグせずにいられなかったのは俺だけじゃないよね?





◆ユキが太郎丸を帽子で扱っているところは見ていて怖かったよ。
 太郎丸がユキを噛んだりするんじゃないかって信じられないくらい疑い深くなってた。
 ロッカーに入れるまでのシーンをカットしたのは少し笑ってしまったけど。
 その疑いは太郎丸が良くなったように見えて、ミキが彼を抱きかかえたときも消えなくて、”やめろ”って感じだった。
 素晴らしいアニメだった。最後は興味深いね。たぶん漫画読むと思う。

 
 




◆このアニメには2つのことを教わった。
1つは笑顔。それが悲しい笑顔であっても。
より悲しいのは、笑い方を忘れてしまうことだから。
もう1つは、滑稽な話はより長く注意深くみるほど、悲しくなるということ。
素晴らしいアニメだった。感情を抑えられなくて最後には泣いてしまったよ。


↑ ユキが成長したと感じたな。
  今期アニメのベストの1つだね。
  今日の引用「在校生代表兼卒業生」 
gakkou12-2







◆ユキの制服はなんでみんなと違うんだろう?

↑ 彼女が正気に戻った時に色も変わるんだと思ってたんだけどな。
 結局、ただ色が違うっていうだけで、理由はないんじゃないかな。






◆がっこうぐらしを見てるのに玉ねぎ切ってる奴はだれだ。やめろ!







◆卒業おめでとう :D ぐすん





◆卒業に対する準備ができてなかった。


↑ 卒業式の間、AngelBeats!のPTSDが再発したよ。





◆卒業式では嬉し泣きしたよ。






◆さよなら、めぐ姉









◆別の犬がいたの気づいた人いる?



↑ 帽子はこの犬が掘り出したのかな?






◆最後にカードを拾ったのはだれだ?


↑ 2期にわかるんじゃないかな。もしあればね。





uma12-1


楽しいアニメでした。


海外の反応では、最終回を惜しむ声、2期を望む声が多かったです。


---------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆自分としては(I, for one)、うまると彼女の大騒ぎが見れないと寂しくなる :(






◆最終回はキリエの回だった!
 うん、楽しかったよ。動画工房はまた上手くやったね。とても楽しく、カラフルで、アニメーションも良く、時には感動するコメディだった。
 でも2期はないんだろうなあ;_;
 だからといって2期が見たくないってことじゃないよ。
 PS myanimelistによると,うまるちゃんSが12話まであるらしいのでそれを楽しみにするよ。


 ↑ なぜ2期がないって思うんだい?
 原作もまだたくさん(quite a bit )残ってるし、終わってもいない。それに日本で人気みたいだし。
 同じ動画工房のゆるゆりは2期があったし、うまるちゃんはより幅広い視聴者がいると思うんだ。
 2期があるかという意味では月間少女野崎君の方が心配だ。

 
 ↑ あきらめるな!本当に2期が見たいんだ。俺の夢を壊さないで。







◆最初の偽トヨタのCM

 象さん、大きいね
 ああ
 くじら、大きいね
 ああ
 恐竜、大きいね
 お、おう
 巨人、大きいね
 逃げろー
 
 笑った。なんのパロディかはわからないけど。


 ↑ 段々大きくなっていくところが笑えた。 







◆これまで見た中でもっとも素敵なセールスマンだ。
uma12-2


↑ 彼の踊り方からすると、シルフィンの消息不明(long lost)のいとこに違いない。








◆妹みたいだ、兄みたいだ
uma12-3










◆ハムスターと一緒に空気を抜くうまるがとてもかわいい
uma12-4








◆シルフィンが突然彼女たちの中に
uma12-5







◆ボンバはどんだけ鈍いんだ?
 外でランチをしているときにテーブルの反対側にキリエが座る機会さえあったじゃないか。
 シルフィンは状況的に招待されていないから(彼女はUMRの正体を知らないからね)、シルフィンは欠席だと思ってたけど、思い違いをしていた。今回が最終回だというのを忘れてたよ。
 シュバーン!って言った方がいいかな。とにかくシルフィンは自分でビーチにやってきた。
 女の子みんなで楽しんだようで良かった。
 動画工房に”終わりだなんて信じられない”リストが加わったね。
 PS.タイヘイ、ペーパードライバーは君だけじゃないさ。日本では公共交通機関が驚くほど効率的だから、運転の仕方を忘れてしまう人が多いんだよね。
 


↑ 全体的にすごく良かったけど、シュバーンが来るまで忍耐強く待つ必要があったな。
 シルフィンは海の上を走ったり、イルカに乗ったりとか馬鹿げた方法で現れるかと思ってた。
 (だからといって失望したわけじゃないよ)
 だから船と大きな波を見た時は盛り上がったね。
  たくさんの良いシーンがあった。素晴らしいエピソードだった。







◆俺の火曜日と水曜日が存在意義を失ってしまった。
 うん、漫画を読まなくては。







◆愚かにもエビナの名前がebiで始まってebiが海老の意味だと気づくのに長い時間かかってしまった。
 彼女のへアクセサリーも海老ということも。
 ついにビーチ回が来たな。EDの変更も好きだ。
 エビナがみれなくて寂しくなる。
 
uma12-6


uma12-7



↑ このアニメのすべてについて寂しく思うだろう。






◆終わってしまって悲しい。でも俺のうまるネンドが俺を幸せにしてくれる。








◆ルフィ―が海へ漕ぎ出したがっている。そして海賊王になるんだ。
umaru12-1






◆ビーチでかわいい子達がかわいい事をしている!
 終わってしまうと寂しくなるなあ。
 このアニメのすべての瞬間を楽しんだよ。
uma12-8






◆ビーチ回だったけど、ファンサービスに焦点を当てているというわけではなかったな。
 珍しくない?
 ボンバとキリエの良い裏話があった。
 しかしボンバは馬鹿だなXD
 2期がみたいですわ~(desu waaaa)




◆われわれを秋季に導く、夏季の終わりにぴったりのビーチ回だった。







◆なぜだか先週で終わりだと思ってたよ!
 これを見たときの俺の喜びはみんなならわかると思う。
 うまるは、キリエには本当の事を言ってもいいような気がしたけど、その分またもっとスウィートな時間があるんだろうね。
 






 
◆最終回にはキリエがたくさん出てきたな... 天国にいるようだ。
 そして最終回だということを思い出した。







◆楽しかった。たくさんキリエがでてきたな。
 女の子達、それに、うまる~ん、とシュバーンが恋しくなるな。






◆このアニメは最初から最後まで純粋に楽しかった。
 今期ベストの1つというだけではなく、2015年のベストの1つだと思うよ。
 うまるはこれまで見た中で最も愛すべき、共感できる、楽しいキャラクターの1人だ。
 俺たちの手本になるキャラクターだね:D
 このアニメをリラックスできる傑作にしているのはその素晴らしいキャラクター達だ。
 アート、ユーモア、サウンドもよかった。
 欠点をあげるとすれば、2期が決まっていないということだね。





◆なんて美しい
umaru12-2









◆新しいEDが素晴らしい
umaru12-3





◆ビーチの後は、みんなは山でも楽しんだんだね。
 毎週のうまるちゃん摂取が終わってしまった!!
 2期が欲しい!お願いだ。





(1話から見ずにここにたどり着いてしまった人は1話から見ることをお勧めします。
 またネタバレを食らわないように注意してください。)



面白かったです。
フレミーかわいい。

細かい感想等をまた別の記事にでも書きたいと思います。

redditのコメント数は12話が一番伸びてました。
今回you tubeのlive reaction動画が特に面白いのでおすすめです。


コメントで教えていただきましたが、今期が原作1巻までで、今後もいろいろミステリーがあるらしいのでネタバレには注意してください。
続編がアニメ化されないなら原作読んでみたいです。



---------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆「どうして7人いるんですか?」
 冗談だろ?


・もし2期が見れるなら、すごい興奮する。
 最後の7話に似た展開がみられるんだろうからね。
 ああいう心理戦(mind game)が凄く楽しいんだ。


・もっとすごい心理戦があるよ。巻を重ねるごとに良くなっている。


・>もっとすごい心理戦があるよ。
2期が欲しいんじゃない(don't want)、2期が必要だ(need)。


・心理戦が面白いというだけじゃなくて、誰が7人目かという議論をみんなでするのが面白かったよ。






◆振り出しに戻る(back to square one)。


・彼ら全員偽物で、本当の6人は気付かないうちに既に魔人に負けてただと面白いのに。






◆OK,今度こそアドレットだよ。
 アドレットはナッシェタニアの国で強いことを証明しただろ?
 そしてナッシェタニアが凶魔に報告してマインドコントロールか何かで勇者にしたてたんだよ。
 





◆アドレットとハンスの友情が素晴らしい。






◆もし2期があるなら、彼らはずっと誰が7人目かを探すことになるのか。


・それがいい。


・牛女(cow girl)が7人目だといいな。彼女のデザインがあまり好きじゃないから。








◆嫁には注意しよう。


・現時点でどれだけの奴らがナッシェタニアについてるかわからない。
 でも初期の頃と比べると彼女から何かが剥がれ落ちたのは確かだよね。
 フレミーの方がいい。
 正直一番好きなナッシェタニアのシーンがこれだ。


・バニーフェチなんだよ


・でも暴かれるまではものすごくかわいかったよね。


・アドレットへの攻撃や、暴露の後でさえ、まだ信じることができなかったよ。
 ナッシェタニアは最初にアドレットにあって友達になった人物だからね。
 彼女がどれだけアドレットを信頼していたかということは信じたかった。
 まあそれだけ良くできた組立てだったということだね。


 ・真実はいつも残酷だ。







◆すべてのナッシェタニアファンへ。

「残念だったわね。お気に入りのナッシェタニアが7人目で」


・みんなナッシェタニアがベストガールと思ってただって?


 ・俺は思ってたよ。フレミーが現れるまではね。


 ・1話の彼女の登場には惹きつけられたよ。







◆アドレットは典型的少年漫画のようにずっと他のメンバーと友人、仲間になろうとしてたから、
最後バニーガールを説得して味方に引き入れ(win over)ようとすると思ったかもしれない。
でも「くそ、みんな、彼女を殺せ」。


・アドレットの背景を考えるとね・・・


・まあ彼はそれを考えていたかもしれないけど、ウサギ姫が早々に降参して彼女の計画を話してしまったからね。


・50万人の命が彼女にとってなんでもないなんて言うから。






◆この絵は今ゴルドフがどんな気持ちかをパーフェクトに表してると思う。









◆フレミーが赤くなった


・最初は冷たかったけど、最後はアドレットに対してツンデレ(tsundere)になったのが好き。


・ガンデレ(gundere)だな



◆フレミーが焼きもちを焼いてるXD





◆良い最終回だった。
 明かされた事実とそれに対する反応がクールだった。
 素晴らしいアニメだった。






◆ナッシェタニアが7人目だったことには驚かなかったな。ここ数話で明らかだったから。
 でも50万人の犠牲が大丈夫なんて狂ってるよ。
 かわいそうなゴルドフ。ナッシェタニアは彼のことを気にかけてさえいないと思う。





◆ホラー映画のようだ。決して終わらない。
 新たな7人目?やっとお互いを信頼して仲良く(chummy)なれたと思ったのに。
 もしアドレットが7人目だとすると、驚くほど入念な( elaborate )計画を実行したことになるな。
 




◆まだ疑問が残っている。7人目はだれだ?


↑このページのトップヘ