1~5話が週1アニメの1話分に相当するわけですが、
こうやって1話ずつある程度の量訳して行くと、普通の週1アニメの翻訳量より多くなるんじゃね?
と今更気付いたり。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

saiki5-1





◆おうふ!、テ、テルハシさん・・(Ouf! T-Teruhashi-san..)
saiki5-2






◆カヤノアイはいつもと少し違う感じだと思った。






◆ネンドウのエクソシストみたいな首がすごい。この男怖ええ。
saiki5-3





◆ネンドウの首のひねりが。どうやって生きてんだ!?

↑ 良いことを教えてやろう。この世界にはすごーーーーーくバカな奴らがいて、そいつらは自分が死んだことも理解できずに生き続けてるんだ。







◆彼女は危険。かわいくてやさしい。彼女を疫病のように避けるサイキ。そうしないとみんな彼に気づいてしまうからね。


↑ じゃあ俺がもらっていくよ。彼女のすべてを受け入れる。



↑↑ 彼女はかわいくてやさしいけど、大事なことに気づいていない。自意識に深刻な問題があるようだな、それかアホなのか。優れた資質があるのを自覚するのは悪い事じゃないけど、クレイジーだね。






◆サイキがサカモトと対極にあることに気付いた。サカモトは”凄い「普通の奴」”で、サイキは”普通の「凄い奴」”。






◆どんどん面白くなっていくね。