boku10-5

全体的に声がすごく合ってると思いますが、峯田の声もぴったり。

情熱大陸のところはただ「テレビで言ってた」になってました。


-----------------------------------------------------------------


◆ミネタはどうやって雄英に入ったんだろう。






◆haha 校長かわいいな。
boku10-2






◆なんて良いエピソードなんだ。楽しんだ点を5つほど。
 1 ツユの悠木碧のパフォーマンスが印象的。彼女がこれまでやった役と全然違うね。
 2 主人公と女の子のキャラと変態(pervert)の良いチーム
 3 ワープでみんなを飛ばした奴は、Static ShockのEbonを思い出した。
 4 ベストガールレースは3人の争いだ
 5 アイザワの能力。アメージングだね。






◆カエルの割にはおっぱいが lol
boku10-1







◆分泌?!
boku10-6


↑ このシーンで爆笑してしまって、次のシーンの字幕を読めなかったから巻き戻さなければならなかったよ。


↑ ミネタは今回でモンスター娘のフェチ(monster girl fetish)に目覚めたと思う。

 それとこのナレーターの感じは60年代スパイダーマンのパロディが少し入ってるのかな?
boku10-7
(※カエルっぽいことはだいたいできるぞ!あたりのナレーションの事だと思われます。)


 ↑ その可能性は高いね。ホリコシはスパイダーマンにインスピレーションを受けてる。漫画の方には他のヒーローと一緒にスパイダーマンのシルエットを書いてるぐらいだから。


 ↑↑ 彼のpixvのプロフィールにはスパイダーマンのコスプレ写真を使っているし。






◆カエルの子はセクシーだ。







◆俺だけかもしれないけど、ツユがすごくかわいいと思うんだ。


↑ 胃を吐き出せるという事実が彼女をベストガールにしている。


↑ 長い舌も持ってるしね。


↑↑ 使えそうだ。いろいろね。


↑ 彼女がサヨナラ(SAYONARA)って言ったのは笑えた。







◆イレイザーヘッドかっこいい(badass)。
 カッチャン手ごわい(hardass)。
 手の奴(facepalm)はくそ野郎(jackass)。
 そしてヤオヨロズはいい尻(ass)してる。
 
boku10-3






◆イレイザーヘッドがめちゃくちゃすげー


↑ アイザワ先生はクーレストな先生だ。


↑ 彼が戦いを始めるときのサントラもすげー良かったね。






◆イレイザーヘッドのシーンが凄く良かったな。
 まっすぐヴィランの真ん中に突っ込んでいって、圧倒していた。
 ミドリヤがまた状況を考えたプランを練って、ミネタが男を上げた。








◆ミドリヤがほんと好きだ。彼は状況を把握して、行動する前にちゃんと計画を立てる。
 今の彼は敵につっこむよりは、現在の状況から逃れることを考えているように見えるね。

 何種類の「 ‐スマッシュ」があるのかも気になる。それだけでも見続けるには十分だ。


↑ ”D”で始まるアメリカの都市の数だけあるよ。


↑↑ でも9話でミズーリスマッシュが出たぞ。


↑ 今までのところ、州か街の名前で、デトロイト、ミズーリ、デラウェアが出てきた。
 不思議なのは、ミドリヤが基本的にオールマイトと同じ能力で同じ攻撃名(attack name)を使ってるのに、誰も気付かないところだ。たぶん、オールマイトの攻撃を近くで見た人は少なかったりとかかな?それにミドリヤが力を使うたびに体を壊してしまうからオールマイトと重ならないとかね。いずれはクラスの誰かが気づくんだろうけど。


↑↑ だいたいの人はオールマイトの大ファンだから同じ攻撃名を使ってるんだと思ってるんじゃないかな。それに先週はある意味みんな気づいてたし。


↑ ハワイのパンチがみたい。


↑↑ ビーチエピソードかな?






◆漫画は読んでないんだけど(できるだけ耐えるよ!)、デクのプランが凄く考えらえていたのに驚いた。違う能力のフリをして、ヴィランの注意を向けるために叫んだのかと推測したんだけど、それだと船が沈もうとしてる状況が変わるわけじゃないもんね。
 ユニークな能力が合わさって上手くいくのを見るのはいつだって楽しい。


↑ デクは凄い天才というわけではないけど、戦術については賢いな。
 それは彼がこれまで他のヒーローを観察し勉強してきたということの現れでもある。






◆ぷらぷらしてたミドリヤの指がすごく痛そうだったな。うう。










◆デク「アスイさんのコスチュームいいね、素材はなんなの?
 アスイ「嫁素材(waifu material)よ、ケロ(ribbit)」
 (※いわゆる嫁にしたいキャラをwaifu materialということと、materialがそのまま素材の意味なので)






◆最近透明人間の子を”見て”ないな・・・


↑ アイザワ先生が彼女の個性を消したらどうなるんだろう。


↑↑ 素晴らしいアイデアだ。





◆カッチャンみたいなのが、時々はベストなやり方だったりする。


↑ 死ね!!!







◆ああ、ミネタは本当に血が出てた。
boku10-8







◆この3人が驚くほど良いチームだったな!
boku10-4

↑ 渦巻きとくっつくボールのシナジーが素晴らしかった。