oso23-5

ダヨンが酔っぱらってたので、上から戻るオチかと思ってましたが下でした。


もうちょっと追加予定。
-------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

◆ジュウシマツが一番怖いな。







◆残りわずかだということで取り乱した(breakdown)カラマツはキュートだよん(cute-dayon)。







◆エリザベスだ!!
oso23-1

↑ こわっ。全然気づかなかった。
 床にジャスタウェイがあった
 (※エリザベス、ジャスタウェイともに銀魂のキャラ)
oso23-2


↑↑ 二人ともよく気づいたな。








◆残り2、3話か・・・・;_;
 ジュウシマツ何なんだ XD
 かわいそうなチョロマツ ;_;
 






◆疑問が残る。なぜジュウシマツはチョロシコースキーを指名したのか!?








◆( ._.) (o_o ) (o_o ) (o_o ) (o_o )........(~_~ ) Zzzzz








◆他の兄弟を陥れようとする(pit)話はハズレがないな、彼らは他の兄弟たちに対して非道になれるからね。
 20分で1つのエピソードというのは他に思い出せないな。


↑ カーレースの話はそうだろ。


↑ レンタル彼女の話もそうだった。








◆寒がっているときのジュウシマツは恐ろしいんだな D:


↑ ジュウシマツは普通に怖いよ。彼のテンション高いめちゃくちゃさは他の兄弟たちに闇を感じさせている。
 彼は一番のお気に入りだ。








◆平和で情の深いダヨン族のところが面白かった。
 残り数話で悲しい。日本での人気を考慮した続編アリの予想が好き。








◆チョロマツが読んでるのは自意識を扱った本だね。






 



◆DAYOOOOOOOON!


↑ 
DAYOOOOOOOON!







◆最初の方、完全に俺と俺の兄弟がやってたことだ。
 お前がつけた電灯なんだからお前が消せとか両方夜中起きることになってもお構いなしにやってたよ。









◆長いスパンで考えてたとか全体的にトッティが好き。









◆モンスターめ!
 
oso23-3

 ダヨンのスキットでこんなに感傷的になるとは思ってなかった。
 チョロマツは純粋に彼の事を好きでいてくれる女の子を見つけられてよかったね。
oso23-4








◆来週はカラマツ回だ。
 YES







◆単純にカラマツが英語を話すところが好きだな。”brother”って叫んでるところを見直さなきゃ。









◆面白かったけど同時に悲しい話だった。カラマツが気の毒だ。
 そして”手紙・・” ジュウシマツの彼女が帰ってくるの? お願い。








◆あれは寒いに違いない。
 
 良い回だった。少年が洞窟のなかを探検する冒険モノの波動を感じた。そこで彼らの見つけたものは信じられないものだった。全体がきのこでできたようなダヨンの国。ずごい。







(アメリカ・男性)
◆前半見るとイチマツが一番天然だな、ジュウシマツと比べてさえ。








(アメリカ・女性)
◆私がどれだけ兄弟達の関係が好きかわかるエピソードだったわ。
 他の兄弟たちより何より自分を一番に考えてる。危険を省みず他の人を助ける友情ものにはうんざりしてたからそれがいい。
 ダヨンって音も凄く好き。








(フィンランド・男性)
◆前半はすごく素晴らしい。とても共感できるコメディだ。
 ダヨーーーーンが多すぎだろ。
 それでも後半はいつものオソマツさんでよかった:D







(ドイツ・女性)
◆前半笑えた。特に、みんながジュウシマツが寝たフリができるほど邪悪じゃないと思ってたところとか haha :P
 後半は奇妙だった。笑えばいいのか悲しめばいいのかわからなかったわ。まだ混乱してて、最後の”なにこれ”っていうトッティにこれ以上ないぐらい同意。
 予告のカラマツの叫びが素晴らしいXD