oso15-7

個人的には前半のジュウシマツのところが面白かったんですが、
意外!?にカラマツに対する反応が多かったです。

前半はチョロマツのツッコミが絶妙だった部分も大きいのでその辺がうまく伝わらなかったとか、
どんな花であっても尽くすカラマツにカラマツガールズが反応したとかあるのかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)



◆カラマツは痛いバカなのかもしれない。でも彼はとんでもなく良い奴なんだ(super nice guy)。
 あんなクソみたいな花に対してさえ彼は忠実だ(loyal)。

oso15-5

↑ うん。マツ達は隠された動機や自分のたくらみ実現のために動いているということもできるんだけど、カラマツに至っては他の兄弟に比べると雪のように純粋(pure)なんだよね。
 尖ってダークでクールであろうとしているけど、彼は一番純粋なんだ。


↑↑ 彼は最も偽りのない奴だ(genuine)。


↑↑↑ それはわからないな。ジュウシマツがすごく純粋だと思うけど。変な奴だけど。


↑↑↑↑ 今回のエピソードまではジュウシマツのキャラをある程度はつかめてると思ってたよ。






◆カラマツにはこのアニメが終わるまでに、かっこいい場面をやらせてあげてほしい。


↑ そうだね。狂ったジュウシマツでさえ良い場面はあったんだから。


↑↑ ジュウシマツもすごく良い奴だよ。ジュウシマツがバッティングにイチマツを使ってたけど、イチマツはその時も奇妙なにクールに見えたな。


↑↑↑ イチマツはジュウシマツと何かやるときは良い感じ(fine)にみえる。
oso15-2







◆おそ松さんの脚本家は毎週「今週はどうやってカラマツを苦しめようかなあ」とか考えてるのか?


↑ 別にそういう必要もないでしょ。
 彼は自業自得で苦しんでいるんだから。







◆ドラマ
 コメディ
 哀れみ
 尻
 おでん

 アニメに必要なものがこれ以上あるか?
oso15-8






◆カラマツはもっと良い待遇を受けるべきだ。
 痛いニートを全力で守れ!






◆最後のおでんのしょっぱさは、チビタの涙だってわかったよ OMG
oso15-6








◆やったわ
 わたしもとうとうカラマツガールになれた。
 それはダメって自分に言ったんだけど、やっぱりなってしまった。






◆今回は少なくともみんなカラマツの心配してたね・・・・







◆なんてことだカラマツ、お前はとうとう俺を心配させはじめた。
 思いっきり笑ったあと、気の毒に思ったよ。







◆これはなんだ?一輪の花に泣いてしまった。






◆最初は笑って、最後は泣いた。うん、おそ松さんを見てれば普通のことだね。






◆6人全員の面接を想像すると頭がいたくなるね。
 女子松さんを好きになり始めてきた。
 かわいい女の子に変わる花はどこでみつけられるの?長くは続かなかったとはいえ、チビタはラッキーな奴だ。
oso15-1
oso15-3

↑ >6人全員の面接を想像すると頭がいたくなるね。
 
 チョロマツは普通でしょ。
 オソマツもそんなに悪くならないかも、仕事のタイプによるかな。
 

↑↑ 彼らの中ではトドマツが一番普通だよ。嘘ついたり少し二面性があるということ以外は。 


↑↑↑ トドマツは無慈悲で鈍感なところがあるからな、兄弟の中ではチョロマツが普通だと思う。それにつづいてオソマツかな。



↑↑ チョロマツが一番理性のある常識人だということは確定している。
 みんなが病気になったときの話でも、チョロマツだけ治るという場面はなかった。彼が治れは普通に兄弟の看病をしただろうからね。
 カラマツもありえる。彼が不必要に高みを目指さなければね。





◆兄弟たちがスーツ姿というのがなんか面白かった。
 海岸でのデートはかわいかったね。彼らがキスするのみたかった。少し悲しい話だった;_;







(アメリカ・男性)
◆面接のあれはうざかったな。でもそこがポイントなんだろう。顔に尻を近づけるというヤオイ的なのは、制作側がファンを理解してるってことか。
 チビタの話は悲しかった、それにしてもかわいそうなカラマツ。


↑ うん、ファンアートがたくさんあるからな。






(オランダ・女性)
◆チビタxおでんがOTP(唯一正解のカップリング)






(イタリア・男性)
◆lol ジュウシマツの面接
 チビターーーー;_;
 花の精は本当に美しかった、特にカラマツのね。
 また素晴らしいエピソードだったよ。






(カナダ・女性)
◆最初のパートは面白かった!
 会社に貢献する逸材(snowflake)を雇おうとする厳しく選り好みする(picky)面接官。
 最終的にはユニークでスペシャルだけど彼らに扱えるしろものじゃなかったLOL
 CEOのカラマツがジュウシマツを天才で貴重な人材(asset)だと言ってるところが笑えた。
 イチマツのサポートもナイス。
 女子松の友達の間で誰も決めないっていうのは本当にアルアル(spot on)で笑えたXD
 チビタをとりあげた悲しい話もあったね。
 カラマツは絶対いい友達ができるはず。彼は誠実で親切なんだからlol 簡単に一歩リードできると思うのに可哀想。






(ポーランド)
◆兄弟たちがカラマツと不健康な関係?に気が付いて、助けようとしたのが嬉しい。いいね。「やっとか」って叫びたかったよ。このエピソードだけではないといいけど。
 ジュウシマツの面接スキットはここまでで一番のお気に入り。カラマツのJ. Jonah Jameson (※スパイダーマンのサブキャラ)とトドマツの美人秘書が良かった。それにオソマツはスーツだととてもカッコよく見えるね。
oso15-9


(アイスランド)
↑ すごく同意する。本当に兄弟たちがカラマツのことを気にしてた。
 彼らが深い所では兄弟を愛しているけど、カラマツの場合にはそれを見せないようにしてるって可能性があるね。とても心温まるシーンで、「YES!!」て叫んでしまった。実際カラマツがあのモンスターと結婚してなければいいんだけど。カラマツはだまされやすすぎるよ。
うん、でもこのエピソード好きだ。カラがフォーカスされてたしね。



↑↑ そう思うよ。兄弟たちはお互いを思いやっている。カラマツも含んでね。
 でも悲しいことにカラマツは全員から無視されているように見える、少なくとも自分には。
 グループからは外されているし。
 今回のようにもっとカラマツと絡む話が見たいな。この純粋な奴がもっと愛情を受けてるのを見たい。彼にはその価値があるからさ。






(フィンランド・男性)
◆最近カラマツが好きになってきた。彼にはすべてが美しく見えるんだろう、どんなにひどいことをされたとしてもね:D
 面接も面白かった。ジュウシマツにはやりすぎという概念がないみたいだからねlol
 チビタがジュウシマツと同じようなことに;_; もっと悪い結果だった。
 でもジュウシマツの話の方が感動したし好きだ。