oso9-5

後半泣けました。

海外の反応も後半に集中してる感じでした。


----------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆lol この話はクレイジーだった。描き方が少しアーティスティックだったね。








◆後半はあっという間にダークな感じになったな。そして最後は悲しかった。
 シリアスアニメになってテーマも他のアニメで扱ったことがないようなものだった(ああいう女の子が出てくるアニメって思いつかないし、自殺がでてくるアニメもあまり思いつかない)。
 とてもいいエピソード、いや、ここまででベストのエピソードだった。


↑ ロマンスものなんかには自殺がたくさん出てくると思うけどね。でもコメディでこれをやったのは驚きだ。






◆ジュウシマツが悲しそうなのはらしくないよD:


↑ 彼が泣き始めたところは残酷だった。


↑↑ ハート型の舌が割れてたしD:
oso9-6







◆後半はここまでベストなストーリーだった。
 細かい描写で俺が好きなのは彼女の手首の包帯だね。何人か指摘してた人もいたけど。

彼女は自殺を試みたんだろう。
もっと驚いたのは彼女がAVに出てたというほのめかし(implication)がドラマに使われなかったこと。
このエピソードはジュウシマツがベスト松という証明になっただろう。


↑ >もっと驚いたのは彼女がAVに出てたというほのめかし(implication)がドラマに使われなかったこと。

これ凄く良かったな。オソマツが見つけたあと緊張感を維持した。ジュウシマツがボコボコにされたり、着替えたりしてる間は一瞬忘れさせられたけど。
その後もオソマツは少し考えているシーンがあるが、すぐ「弟が幸せなら、何を気にするんだ」って顔になってた。
とても良い瞬間だったよ。
oso9-4


↑ オソマツがジュウシマツに言って、それが後のコメディ要素になると予想してたんだけど、ジョークどころか何も出てこなかったのに驚いたよ。


↑↑ >驚いたよ
 同じだ。そしてとても嬉しかったね。






◆ここにみんなの感傷的な気持ちが響いてるな。
 あの後半、短い時間で、あんな2人のキャラクターのスウィートな化学反応を描くなんて簡単なことじゃないよ。
 ダークな感情の闇もあったんだろうけどそれに言及することなしにね。
 ラストシーンは特に良かった。
 ジュウシマツが列車を追いかけて、いろんな顔やポーズを見せて、それは彼の精一杯の行動であり真剣さでもある、、、彼が持っているものすべてを彼女に与えて彼女は笑ったんだ。
oso9-2
oso9-3







◆彼女の腕にあった14の意味わかる人いる?


↑ jyu=10 shi=4  jyushi=14


↑↑ それにジュウシマツが話の前半でそれを着けてる。







◆正直、心がこんなに痛む話を見るとは思わなかった。
 最初からジュウシマツはお気に入りだったけど、すべて上手くいくよ、って言ってあげたくなった。
 
 




◆この話の前からジュウシマツは好きだったけど、今回この話がベストエピソードになった。
 女の子と彼の関係がとてもかわいい。最後は心が少し壊れた。
 チビタの声優さんがとてもいいね。ビッグネームの声優さんに囲まれてる中でも目立ってる。






◆コメディでなんでこんなに泣いてしまうのか?






◆素晴らしいエピソードだった。コメディからドラマへの変化が銀魂ぽかったね。
 ”くそ松兄さん”(shittymatsu-niisan)が今日のベストフレーズ。
 






◆今日も笑ってハッピーになろうと思って見てみたら、後半・・・
 カラマツより可哀想なジュウシマツ。







◆少し横になって泣くわ・・・