予想以上に需要があったようなので訳してみました。

2話は2話でそれなりに面白いと思ったのですが、
1話のような展開を期待していた海外勢には少しがっかりした人もいたようです。

最近声優にも詳しい海外勢が増えていて、このおそ松さんも声優さんに注目してみてる女性が比較的多い気がしました。




--------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)


◆lol、この男、そして歯。
 個人的には面白かったよ。今回はパロディがたくさんというわけじゃなかったけど、各キャラクターの役割が見えた。猫みたいなかっこうしたアイドルは受け付けなかったけどねlol







(ドイツ)
◆前回ほどじゃなかったけど、いろいろ面白い所があったな。






(ドイツ)
◆「ざわ」にやられた、haha。まだ十分面白かったよ。1話より弱くなっていることには同意するかもしれないけど。







(ポーランド)
◆中村さんのキャラが大好きになった。
 あの声。
 あの性格。
 大好き!








(カナダ)
◆声優ファンだけど、だれがだれの声か聞き分けるの難しいわ。
 いつもと違う声を使っているからlol それに兄弟たちはみんな同じに見えるしね><


↑ 同じような人がいてうれしい。でも彼らは楽しんでやってそう。







◆後半の方が前半より面白かったな。このアニメを楽しんでるよ。






(フランス)
◆ユーモアは銀魂に似てるね。監督は良い仕事してる:)






(カナダ)
◆「ぞわ」はカイジのパロディかな?
 1話の方が面白かったというみんなには同意するけど、とても楽しめるアニメだ。
 オリジナルのおそ松くんについては全く知らないし、キャラクターの名前もなかなか覚えられないけどねlol
 今のところチョロ松とおそ松が好き。小野のじゅうし松もすごくバカで面白いXD







(アメリカ)
◆最初の釣り笑ったlol
 本当に面白いエピソードだった!
 おそ松がみんなの生活を一番ひどいやりかたでめちゃくちゃにして。
 特にアイドルのところは死ぬかと思った。









◆どこでこのズボン(pants)手に入るんだ?
 釣りのシーン気に入った。
 「エサは何を使ってるの?」
 「手紙」 
 「なんで手紙?」 
 「魚に恋してるから」
 10点満点だ。


 今までのところイチマツとカラマツがお気に入り。
 同じ現在無職の人間として、工場のシーンは怖かったよXD










◆それぞれのキャラクターが知れて良かった。

おそ松:長男ですごくエゴイスト
から松:中二病
ちょろ松:オタク+神谷浩史のツッコミ(tsukkomi)XD
いち松:単調(monotone)。何が起きても気にしない(not give a shit)。猫と融合できるO_o
じゅうし松:アホ
とど松:末っ子。楽しむのが好き。

「間接ケツ」に笑ったlol
「一度S**させてあげてください」はプライスレス
ちび太をボコボコにしたのは笑えたし、お約束を崩してたね。






◆かわいそうなアイドルの子。
 ざわ ざわ・・・lol






◆いち松がお気に入り。






(アイスランド)
◆2話を3回見た。とても楽しい。このアニメのスタイルが凄く好き。
 アニメを複数回みたのはこれが初めてだよ。







(インドネシア)
◆コメディ好き。1話の方が楽しかったのは確かだけど、わたしは2話の方が好き。
 六つ子についての話だったから。あとイヤミも好き、あの話し方。

これまでのところだと、
おそ松:長男だと自覚してるけど、責任感は弱い
から松:クールで自己顕示タイプ
ちょろ松:ツッコミ。彼の叫び方が好きlol
いち松:マイペース
じゅうし松:アホ、うん、アホ
とど松:良い男で女好き







◆彼らの名前と、アイドル時の顔と、それぞれの性格をプリントアウトしておかないといけないと感じてるlol


(カナダ)
↑ わたしもlol
 おそ松は覚えたわ。


(イタリア)
↑↑ 声優的にチョロマツは覚えた。






(インドネシア)
◆とても面白かった。1話よりもよかった。
 驚いたことに今期一番のお気に入りになったよ。ぴえろ制作のアニメで初めて好きになった。






(オーストラリア)
◆OK.今回は1話のようにパロディに頼ってなくて、驚きはなかったけど、ずっとクスクス笑えたよ。
 1話がそれほど笑えると思ってなかった僕にとっては改善されたといえるね。
 これからも気軽な気持ちで見続けるよ。






人気ブログランキングへ