rokka6-2
(1話から見ずにここにたどり着いてしまった人は1話から見ることをお勧めします。
 またネタバレを食らわないように注意してください。)


先週の急展開に引き続きコメントが伸びてました。

かなり細かい考察から、各キャラの紋章の向きから推測しようとするものまでいろいろ。
全然画像が貼られてなくて、長文の考察が多かったです。

そろそろネタバレも怖いし、訳が難しいタイプの感想が多いので、最終回までは翻訳しないかもしれません。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(海外の反応)

●ポイントとして、アドレットはほとんどの者から疑われてる。チャモとハンスはアドレットをすぐにでも殺す準備ができてる。うさぎ姫だけがアドレットを疑っていない。ハンスは暗殺者の技術をみせた。
いたちごっこ(cat and mouse game)になってきたような。
アドレットの過去を見れたのもよかったね。あまり愉快なものじゃなかったけど・・




●面白かった。5分ぐらいに感じたよ。
 あっという間にみんながアドレットに攻撃をしかけたのは少し驚いたけど。






●アドレットは墓穴を掘ったみたいになったな。あの時点でのベストの選択肢だとは思ったけど。
ゴルドフはアドレットが7人目だとは確信してないみたいだけど、嫉妬からアドレットを攻撃したように見えた。








●興味深いバックストーリーだったね。アドレットの師匠の話がもっと見たい。








●OPのシーン、勇者が凶魔と戦うシーンから勇者同士が戦うシーンに変わってるね。


 ・最初はがっこうぐらし、次にこれ、あと必要なのは下ネタが実はメカアニメでしたってことだな。


 ・この変更はすごく気に入ってる。ストーリーの進展を正しく伝えようとするアニメスタジオ側の努力だよね。
  スタジオはそれをしなくちゃいけないってわけじゃないのに、そのもう一頑張り(go the extra mile)が素晴らしい。





●次回は「二人の理由」(the reason of the two)。アドレットとフレミーが語り明かし、2人とも半裸で、寒い夜、キャンプファイアを囲んで・・


 ・お前の願望を上げるな。同人誌を待て。

rokka6-1





●彼女があの性格にもかかわらず、アドレットを治療してほったらかさなかったのが嬉しい。
 知られざる8人目の理論は興味深いね。

 ・8人目の理論ってよくわかってないんだけどどういうこと?

  ・基本的には、結界を作動させた者と7人目の勇者が同じでなくてもいいということ。





●フレミーが7人目なわけない。なぜなら彼女がベストガールだから。

 ・これほど強固な理由づけはない。






●OPにでてくる紋章をみると、1つを除いて(all but one)全部時計回りなんだよね。だから反時計回りなのが偽物だよ。

 ・それは新説だな。

 ・チャモかモーラが怪しいと思ってたんだけど、OPをよく見ると・・・・の紋章が反時計回りに見えるな。よく見つけた。







●彼らはアドレットに門を開けさせようとした凶魔については話さないの?

 ・あの凶魔は女神の修道女と同じ服装をしていたから、服装的にモーラがあやしいと思ってるんだよね。
  それとあの凶魔がどうしてアドレットと他の者を分離させる方法を知っていたのかも気になる。なぜ彼なのか?なぜアドレットが鍵がなくても門を開けられることを知っていたのか?
 それに結界の作動のさせ方を知るために通過しなければならなあの場所を通過したことを我々が知っているのはナッシェタニアとゴルドフとだけだ。(間違ってるかもしれないけど)
 頭がこんがらがるよ。

 ・モーラは以前に要塞のカギを手に入れてたんじゃなかったっけ?





●ここの議論が活発で楽しいよ。






アニメ ブログランキングへ