ishot-6


おじさんがかっこいいアニメは良作の法則がありますが?!、これもその1つになるかどうか。

1話が終わった段階では概ね好評という印象です。
海外評価の高いブラックラグーンに雰囲気が似ているという感想もあり期待値も高いです。
今期の中でOPとEDも評判がいい方だと思います。

myanimelist 投票結果
5  65.36%
4  25.13%
3      7.68%
2      1.04%
1      0.78%

------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆とても素晴らしい(neat)作品だ。何はともあれ(if nothing else)、ユニークだね。
裏社会を舞台にした作品は多くはないけど、聾唖(deaf)の男を主役にすえて興味深い設定になってる。
ビジュアルスタイルも好きだな。音楽はソフトでくつろいだ感じ(laid back)だけど、ノワール調( noir-esque )のスタイルによくフィットしてる。
すごく期待できそうだ。
(※noir 闇社会、暴力、差別などを扱った映画の一分野。アメリカ1940年代の刑事映画等を指す)








◆聾唖の戦士ニコラス・ブラウンがいい。戦闘のアニメーションもいいね。車を蹴り上げるところも最高。
一番よかったのは、彼がしゃべるところだ。彼は聾唖者として正確にはしゃべれないんだけど、その辺の描写が細かくて素晴らしかった。
GANGSTA (63)







◆彼が車を蹴り上げた時、なぜかわからないけど、口から音がでてしまったわ(sounds came out of my mouth )。


↑ それは”キャーーーーー”(kyaaaaaaaaa)って音じゃない? なぜって私はそう叫んだから。


↑ kyaはウルドゥー語・ヒンディー語(urdu/hindi)で、何(what)って意味だから正しいね。







◆ここ数年で最高のOPだね。








◆最初 「おい、電話にでろよ」
 最後 「oh...」
ishot-43







◆あまり勢いでもっていくという作品にはしてほしくないな。
銃を向けて撃ちもしないで彼にはかなわないっていうのはちょっと頭がわるい(dense)。








◆あの手話は日本とアメリカどっちのものだろう。両者は違うんだよね。
GANGSTA (74)


↑ 私の夫は聾唖者だけど、私たちにはわからなかったわ。たぶん日本の手話じゃないかしら。とにかく”良い”聾唖のキャラクターを見れるのはすばらしいことだわ。


↑3年ほど日本の手話を勉強したことがあるよ。今は流暢とはいえないしいろいろ忘れちゃってるけど、あれは日本の手話だね。






◆キャラクター、音楽、アニメーション、すべてが良かった。
すでに物語の別の側面についてのヒントも出てるね。